生活用品を使えない子供が急増

Licensed by gettyimages ®

象印マホービン(大阪市北区)が実施した子どもの生活体験に関する調査で、マッチや缶切り、りんごの皮むきができない小学生の割合が、20年前に比べて増えてることが分かりました。

マッチが使えない

Licensed by gettyimages ®

理科実験で「アルコールランプ」が廃止される動きが加速して、理科の実験でもライターのような着火器を使うことが多いそうです。

マッチに限らず、ライターの使い方も分からないのは事故防止の為、仕方ない感じもしますよね。

りんごのくるくる皮むきができない

Licensed by gettyimages ®

昔はくるくる回しながら剥きましたが、くるくる剥いたら1個まるごと食べなきゃいけない、手がベタベタするなどの理由から、分割して剥く人が多いそうです。

出典 http://www.gurum.biz

分割は76%、くるくる回しながらリンゴを剥く人は4%との結果が出ました。りんご分割カッターが売れてるのもそういった理由なんですね。

ピーラー派と言う意見も!

缶切りができない

Licensed by gettyimages ®

缶切りが無くても開けられる缶がほとんどで、缶切り文化が無くなりつつあります。

小学校で缶切りを知っているか調査したところ、30人中12人が知りませんでした。知らないと答えた子供たちに挑戦してもらったところ、正しく使える子供はわずかでした。

出典 http://www.ntv.co.jp

栓抜きも使った事がない

昔は家でも瓶ビールでしたが、今では缶が当たり前。瓶ジュースもなくなり、家庭で栓抜きが使われる場が少なくなっているんです。

出典 http://www.ntv.co.jp

昔はカルピスも瓶で栓抜きで空けました。瓶の飲料はほとんどなくなりましたよね。

タオルを絞れない

Licensed by gettyimages ®

「タオルをしぼることができる」も、前回の97.3%から、今回は80.4%に減少しています。学年別では、小学4年生以上は100%と全員「できる」という回答から、今回は小学4年生が85.1%、5年生が80.1%、6年生でも91.8%に減少。

出典 https://www.zojirushi.co.jp

「タオルを絞る」は、入浴や掃除など、生活する上での最低限の必要技術と思われますが、身体を洗うタオルはスポンジに、掃除も便利なグッズが普及していることも減少の要因と思われます。

出典 https://www.zojirushi.co.jp

子どものこうした状況について、お母さんは・・・

よそのお子さんと比べると、約6割(59.5%)が「平均的だと思う」約4割(40.4%)の母親は「そのうちできるようになる」と思っている"できない"原因は、「体験する機会が少ないから」と考える母親がトップで約3割(30.3%)、次いで、「子どもに家の手伝いをさせないから」(14.7%)

出典 https://www.zojirushi.co.jp

この記事を書いたユーザー

☆ラララ☆ このユーザーの他の記事を見る

Spotlightプラチナ公式ライターの☆ラララ☆です。しまむらやプチプラの記事を中心に執筆してます。Twitter、Facebookでのシェア大歓迎!!拡散お願いします♪
インスタグラム  https://www.instagram.com/lalalala921/

得意ジャンル
  • インテリア
  • 話題
  • インターネット
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • エンタメ
  • ファッション
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス