毎度~


いつものように、愛馬メジロピッケドーンの散歩をしとったら、こちらの店先でんこ様してもうたんで謝罪と賠償をしにいくと、故周富徳さんに似た店員さんが「つけめん食うていきんさい」と仰ったんで、お邪魔しました~

つけ麺一燈 外観

出典自身撮影

暖簾をくぐると、世界最高齢ラーメンフリークのあんぐる師匠(169歳)や元ラーメン劇場支配人代理補佐見習いのラゲキングなど、ラーメン界の偉い人達を招いてのレセプション中やってんけど、わちきは偉くはないけどエロいんで交ぜていただきました~

つけ麺一燈 内観

出典自身撮影

こちら、9月19日オープンとのことで、ツイッターでも話題沸騰中やね~

んでもって、*券売機左上の法則に従い、「伊勢海老つけ麺」ピケを購入し、空いてるカウンター席に腰掛ける。

出典自身撮影

*券売機左上の法則とは、店の一押しのメニューは券売機の左上にセットされることから由来。

出典自身撮影

スタッフぅは、元麺屋一燈店長あべさん(右)と元ラーメン燈郎店長あらいさんの2名体制とのこと。
幹部級スタッフぅを配置することで、この店の本気度がマックスやということがよう分りました~

出典自身撮影

世界最高齢ラオタのあんぐる師匠世界のまぜよしの近況を聞きつつ喉を潤し、世界的ツーチャンネラーの赤髪がスーパー雲丹しん坊を叩きはじめた瞬間、もりもりの「伊勢海老つけ麺」が、あらいさんの手により、わちきの手に届けられた。

特製伊勢海老つけ麺

出典自身撮影

ライトドロンジョな濃厚鶏白湯+伊勢海老出汁のつけ汁に、自家製の太麺(200g)が絡みまくるうまっぴぃ
伊勢海老感の持続性も鋭く正直、本店のつけ麺よりも好みのタイプやった。

特製濃厚煮干しつけ麺

出典自身撮影

ライトドロンジョな濃厚鶏豚白湯+魚介系煮干しなチューニングのつけ汁に、自家製太麺が絡みまくるウマシング!
流行りの特濃タイプの鶏煮干系は食べ手を選ぶタイプやけど、こちらは濃厚な煮干感を残しつつも老若男女はるな愛、どなたにでも受け入れられそうな濃厚煮干しつけ麺やと思います~

特製サバカレーつけ麺

出典自身撮影

かなりスパイシーな一杯やけど、常習性ハンパなさそうなカレシング!
小ライス…50円」と「とろけるチーズ…50円」オーダーで、満足度はK点越え確実やと思いました~

特製濃厚煮干ラーメン

出典自身撮影

特製煮干しラーメン

出典自身撮影

屋号が「つけ麺一燈」ながらも、ラーメン系のメニューもハイレベルなうまっぴぃやね

出典自身撮影

こちら、「伊勢海老つけ麺」がメイン格なんやろうけど、「濃厚煮干しつけ麺」「サバカレーつけ麺」主役を張れるメニューやと思いますわ~

9月19日(土)グランドオープンとのことなんで、つけ麺大好きっ子は新小岩で一燈グループ総帥、坂本社長とドッキンコしようぜ!!

この記事を書いたユーザー

アカンな~同好会 このユーザーの他の記事を見る

ツイッター
https://twitter.com/jose1106
アカンな~同好会【ラーメン編】
http://ameblo.jp/jose-r-b/

宜しくお願い申しあげます

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら