●「うどん県」でおなじみの香川県

「香川県=うどん」のイメージしかない…ということで、2011年より香川県改め「うどん県」として開き直ったプロモーションを展開している香川県。

「うどん県」副知事は、香川県出身の俳優・要潤さんが務めています。

今年のテーマは「愛にきてうどん県」を掲げ、「ウドンオブミュージック」というミュージカルムービーを制作するなど、他の都道府県にはないような、とにかくぶっ飛んだプロモーションを展開しています。

【愛にきてうどん県】 ウドンオブミュージック

出典 YouTube

とにかく好き勝手やってますw

●子育てしやすい県、「イクケン香川」へ!

そんな「うどん県」が、また新たな動画を公開!

今回、香川県での子育てに興味を持ってもらうために取り組むという「イクケン香川」プロジェクト。ということで…例によって要潤さん出演の動画が公開されました。

●ホント?うどんに“驚愕の新発見”が…!

「うどんのひみつ」と題されたこの動画では、うどんに隠された驚くべき秘密について実証しています!

出典 https://youtu.be

泣いている赤ちゃん。

出典 https://youtu.be

そんな赤ちゃんを前に、おもむろにうどんをすする要潤さん。

すると…

出典 https://youtu.be

な、なんと!赤ちゃんが泣き止んだっ!
その理由は…こちらの動画を見ればわかりますが、ビックリ!

うどんのひみつ

出典 YouTube

この動画の公開前にこんな動画も。

イクケンはじまる

出典 YouTube

●動画を見た人の反応は…

要潤の無駄遣いwwww
故郷への想いが伝わってきますね…!

●うどんの音で赤ちゃんが泣き止むヒミツ

この動画は香川県のうどん愛が行き過ぎたことによる妄想…というわけではありません!

京都大学大学院医学研究科の呉東進先生によると、うどんをすする音は、赤ちゃんが胎内で聞いていた音に似ているところがあり、その音を聞くと穏やかな気持ちになれるんだとか。これは実際にいろいろな例で知られていることなんだそう…。

Licensed by gettyimages ®

おなかの中で聞いていた音に似ているなんて、うどんも意外とロマンチックですね。

●小さい県だからこそ、香川県は子育てしやすい?

香川が「イクケン香川」プロジェクトを推進するのは、なにもうどんだけが理由ではありません。

本県は、温暖で災害が少なく、コンパクトな中に都市の利便性と豊かな自然が調和した子育てに最適な環境である

出典 http://prw.kyodonews.jp

なるほど、県の特色としても子育てに適しているんですね。

日本一小さい、ともすれば注目されにくい県でもある香川県。しかし、小さいからこそ言えることもあります。それが「イクケン香川」のサブタイトル

『日本一小さい県は、日本一子どもに目が届く県だ。』

素敵なフレーズですよね!官民一体となって子育てに取り組んでいこうという姿勢がうかがえます!

この記事を書いたユーザー

asiaman このユーザーの他の記事を見る

ネットニュースなどを中心にライターとして活動中。プラチナライターとして記事を執筆させていただいております。もしよければほかの記事もご覧ください。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス