大切な会議や運転中、講義や受験勉強中…眠くて眠くて仕方がないというのは、誰もが経験ありますよね。 絶対に寝てはいけない場面で、耐えがたい睡魔に襲われた時に実践すると有効な眠気覚ましの方法を紹介します。

1. 上着を脱ぐ

着ている服を脱いで薄着になってみれば、適度に冷たい感触を感じることができ、部屋の中でもある程度の時間なら眠気を覚ますことができます。

出典 http://idel-realization.jp

体温が上がってくると頭がぼーっとして眠気を引き起こします。上着を脱ぐことで体をクールダウンし、眠気を覚ますことができます。

2. 仮眠をとる

適度な仮眠は、数ある眠気対策のなかでも最も効果が高いとされている方法です。お昼休みに仮眠をとることができる環境なら、実践してみましょう。昼寝の前後にコーヒーや紅茶などで、カフェインを摂ってから寝るとスッキリと起きらるようですよ。

昼の5~15分の睡眠夜2~3時間くらい寝るのと同等の効果があるの。15分くらい昼に仮眠をとっても夜の睡眠に影響はないし、 健康的にもいいから仕事や勉強の効率を上げるために、 企業や学校で仮眠時間を設けるべきだと思うんだけど。

出典 http://www.nemukezamashi.com

3. 立ち上がって移動する

ずっと同じ姿勢を続けているために眠気が襲ってきます。例えばトイレに行くなど近距離でもいいので立ち上がって移動してみましょう。

出典 http://creive.me

眠気覚まし対策で、外に出る人も多いようですね。体を動かし筋肉を使うことで筋肉から脳へ刺激が伝達されるので、眠気が覚めていきます。

4. 目薬をさす

効果がめちゃくちゃ高いというわけではないんだけど、会議や打ち合わせ以外ならどこでも実施できるし、それなりに即効性もあるのよね。

出典 http://www.nemukezamashi.com

清涼感のある目薬は効果が高いようです。目薬を使う時は3時間くらいの間隔をあけましょう。15~20分程度の仮眠をとったあとに目薬をさすと、かなりスッキリしますよね。

5. 耳を引っぱる

親指と人差し指で耳の上の方、耳のふちの真ん中辺り、耳たぶを順番にぎゅーっと引っ張ります。最後に、耳全体をほぐすようにマッサージしたら、目が覚めてきます。

出典 https://nanapi.jp

耳にはさまざまなツボがあります。ツボに刺激を与えることで、眠気が覚めていくようですね。

6. 指の運動をする

まず手のひらを下に向けて床と手を平行にするの。それから腕を動かさず、指だけを動かして指同士をくっつけたり離したりしてね。たったこれだけのことなんですけど まずまずの効果を得ることができるわ。

出典 http://www.nemukezamashi.com

ジャンケンのグーとパーを繰り返すことよ。こつとして、パーをするときに手が反り返るくらい伸ばすことと、グーのときには思いっきり手を握るようにしなさいな。この方法も腕は動かさないように なるべく固定させると効果が高まるわ。

出典 http://www.nemukezamashi.com

体を動かすことと同様に、手指の筋肉から脳へ伝達される刺激により眠気が覚めていきます。足の指をグーパーと動かすことも効果的です。

7. 顔をマッサージする

まずはこめかみを押します。次に、眉毛の下のくぼみを骨にそって内側から外側に押していきます。それから、耳の下のちょっと後ろのくぼみを押します。また、ヘアスタイルがそれほど気にならないのだったら、指先で頭のてっぺん付近を押していきます。1箇所じゃなく、いろいろなところを押すようにしてください。最後に、頭のてっぺんを強く長く押したら、目が覚めます。

出典 https://nanapi.jp

顔や頭にあるツボを押すことで、眠気を覚ますことができます。仕事中に座ったままでもできる方法なので、すぐに実践できますね。

8. 冷たい水で顔を洗う

冷たい水で顔を洗うと、交感神経が高まります。眠い時というのはリラックスを促す副交感神経が活発になっているので、それを交感神経に切り替えることで、眠気が収まります。

出典 http://www.fuminnsyou.com

メイクをしている女性にはできない方法ですが、目もとやこめかみに冷たい缶ジュースを当てたりしても似た効果が得られます。

9. 首を冷やす

手や顔と同じように首筋を冷やすことも効果があります。もし水で洗いにくい場合は冷えた缶やペットボトルを当てるだけでも良いでしょう。

出典 http://creive.me

動脈などの太い血管が通っている部分を冷やすことで、上がった体温を下げる効果があります。体温が下がることで眠気が覚めていきます。

10. 冷たいものを口にする

冷たい飲み物を飲むことで脳が体全体が冷えてしまったと錯覚を起こして、一時的に体温の低下が止まるため、眠気が覚めるのです。

出典 http://b-chive.com

炭酸飲料も効果が高いという声も多くあります。飲み物だけではなく、アイスという手もいいですね。冷たいものを口にした刺激だけではなく、脳への働きや体温調整機能も関係しているようですね。

11. 声を出す

誰かとドライブ中や近くに同僚がいる職場などできる環境は限られますが、「声を出す」のは眠気解消にとても効果的です。

他愛もない世間話を少しするだけでリフレッシュできるので、仕事中に眠くて眠くて…という状況になったら敢えて、納期確認やスケジュール調整の電話を客先にしてみたりするのもいいと思います。

出典 http://goodluckjapan.com

誰かと一緒のドライブでは会話を楽しみ、一人での運転なら大きな声で歌をうたうのもいいですね。だまっているとますます眠くなってしまいます。声を出してつらい眠気を吹き飛ばしましょう!

12. 眠気覚ましのツボ押し

眠気覚ましのツボを刺激することで、脳の働きが活発になります。刺激の方法は、爪や棒で圧を加えたり、お灸をします。仕事中もこっそり押してみてください♪

・百会(ひゃくえ) 眠れるツボとしても紹介していますが、眠気覚ましにも効きます。頭のてっぺん、前後左右から見て中央の位置に百会というツボがあります。
・風池(ふうち) 後頭骨の下のくぼみから左右指3本分外側の位置にあるツボです。頭痛・肩こり・ストレス・疲労回復などに効果があります。
・井穴(せいけつ) 手足の爪のつけねを中心に12箇所あります。それぞれに少商・中衝・少衝と名前があり、精神・神経の病に効果があります。
・合谷(ごうこく) 親指と人差し指の間、股と呼ばれる部分でくぼんだところにあるツボです。万能ツボと呼ばれ、特に首から上の症状、肩こりや目の疲れ、眠気などに効きます。

出典 http://www.yasashi-nemuri.com

手・足・頭にはたくさんのツボがあります。足のツボ押しはできない場面も多いかもしれませんが、手や頭であれば会議中などでもさりげなくできそうですね。

13. メントールやキシリトール入りのガムやアメを食べる

ハッカやミントに含まれるメントール。これも眠気には効果があると言われます。ハッカのアメなどをなめると口の中もスッキリするとともに、頭もスッキリしますよね。

さらにキシリトールは、口の中に入れると清涼感が広がりますね。またメントールの香りが中枢神経を刺激し、脳を活発にさせるそうです。それが眠気覚ましになります。メントールとキシリトールが両方入ったガムやアメを食べると、眠気が覚めるのはこのためです。

出典 http://josei-bigaku.jp

冷たいものを口にした時と同様に、こちらも脳や神経への作用が眠気を覚ます効果につながるんですね。メントールやキシリトールが含まれるガムや飴は、カバンに常備しておくのがおすすめです。

14. 歯ごたえのあるものを噛む

ガム・根菜類・するめなど顎を使う食べ物を食べると、脳が刺激を受けて眠気防止になります。

出典 http://www.yasashi-nemuri.com

口を動かすことで得られる脳への刺激が効果の理由です。仕事中の昼食や休憩時に意識して実践すると良さそうですよ。

15. コーヒーや紅茶を飲む

どうしても眠気がきては困る出来事の30分前くらいに飲むと効果を発揮します。

寝不足の次の日の昼食後に重要な会議が ある時などは会議の直前ではなく昼食時にカフェインの含まれる飲み物をのんでおけば効果的ですね。

出典 http://pride180.com

カフェインの効果は摂ってから30分くらいで効いてくるといわれているので、昼寝や大切な用事の10~20分くらい前に飲んでおくと良いようです。コーヒー・紅茶以外では、ココア・コーラ・チョコレートにもカフェインが含まれています。

自分に合った効果的な眠気対策を見つけよう

即効性のあるものから緩やかに効果が表れる方法など、いろいろな眠気対策がありますね。その時々の場面や状況に合わせていろいろなやり方を試しながら、自分に合った方法を見つけましょう。どうしても眠い…そんなときはぜひ実践してみてください。

この記事を書いたユーザー

白うさぎ このユーザーの他の記事を見る

芸能ニュース、芸能ゴシップ好きの33歳女性。ブログをお休みして、最近はSpotlightでの執筆にハマる日々です。

権利侵害申告はこちら