記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
皆さんのなかにはダイエットを考えられている方もいるかもしれません。ただ、ダイエットはなかなか大変なもの…。ところが4分でできるダイエットが海外で話題になっているといいます。今回はこの4分ダイエットについてお伝えします。

別名「タバタ式」

4分間ダイエットは、別名「タバタ式」とも呼ばれています。立命館大学スポーツ健康科学部学部長の田畑さんという方により考案されたことから、こういった呼び名がついています。

<そのメソッドとは>
・20秒間思い切り運動して、10秒休む×8セット(4分間)続けて行うトレーニング

≪4分どころか、全然運動足りてないかも…≫
1分で簡単チェック【運動不足度】を診断してみる

“20〜30分の定説”を覆す画期的なトレーニングだった!

トレーニングは中度の負荷を体に与える動作を、最低でも20〜30分程度続けるのが効果的、とされていたため、それをくつがえすという点で画期的な方法だとされています。この方法で、長時間運動したのと同程度の脂肪燃焼の成果や、持続力や瞬発力の筋肉を培うトレーニングの効果が得られるため、国内外問わず、多くのアスリートからも注目を集めているのです。

実際、スピードスケートやボート、格闘技といった、瞬発力と持続力が求められるスポーツではこのトレーニング方法が取り入れられているようです。

具体的なトレーニングは……

この20秒の間には、運動の種類は問わず、体がキツいと感じる程度の運動を続けることが有効だとされています。また同じ運動を繰り返す必要もないとされているので、腹筋、腕立て、エアロバイク、スクワット、ラン……などから好きな運動をチョイスし、好きなように組み合わせられるという自由度の高さも魅力のひとつといえそうです。この「タバタ式」は週2回行うと効果があるという論文報告もあります。

≪肥満の原因は生活習慣に隠れていることが多いのです≫
1分で簡単チェック【痩せない生活習慣】を診断してみる

【医師からのアドバイス】

1回のトレーニング時間が短いので、忙しい方にもおすすめです。またダイエットをしながら、持続力や瞬発力も効率よくつけられるといったメリットも。ただ、急激に体を動かすので、しばらく運動をしていなかったり、慣れていない方は、ケガをする可能性も。実践する前には必ずストレッチなどで体をほぐし、十分なウォーミングアップを行うようにしましょう。

また、ゆるやかな運動ではないので、心臓への負担も大きくなります。もし、何らかの持病がある方は避けられたほうが安心です。 うまく取り入れて、体をシェイプしていきたいですね。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス