記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
成長期の子どもにとって、もっとも大切なのが食事。栄養バランスのほか、できるだけ安全なものを食べさせてあげたいですよね。でも、日常的に何気なく食べている食品の中には、じつは体にとって有害なものもあるってご存知でしたか?

特に、成長過程の子どもにとっては負担が大きくなる場合もあるので、正しい知識を身につけて、賢い食材選びを心がけましょう。今回は、そんな日常に潜む、ドクターも絶対に食べない有害な食品について教えていただきました!

1:マーガリン

マーガリンには、心臓疾患の原因とされるトランス脂肪酸が多量に含まれています。アメリカ食品医薬品局(FDA)では健康リスクを考えて、トランス脂肪酸を食品に使用することを原則禁止にする規制を行っています。値段が異なりますが、マーガリンではなくバターを使うようにしましょう。

2:人工甘味料

“0kcal”と表示されたドリンクに多く含まれる人工甘味料、それは自然界には存在しない化学物質である事が多いのです。子どもが好む味であっても、体への影響は未知数。成長期に適しているとは言い難いのが現状です。

3:加工肉、成型肉

ソーセージやハムなどの加工肉やサイコロステーキなどの成型肉には、塩分や脂肪が多く含まれています。食べる機会が多いと将来的に肥満、糖尿病、心臓疾患、ガンなどを引き起こす可能性が高くなるという説も。
いっぽうで、添加物保存料にどのようなものが使用されているかも明確ではないようです。多くのお子さまが好きな食材であるため、なるべく信用できる会社のものを与えるようにしましょう。

≪自分で食べ過ぎと思っていなくても、胃腸はもう限界かも…≫
胃腸がギブアップする前に自分の胃腸のお疲れ度を調べてみよう

4:低脂肪食品

なんとなく低脂肪のものは良いと考えられがちですが、低脂肪食品にはトランス脂肪酸が多く使用されている場合があります。肥満を気にして子どもに低脂肪食品をとらせるよりは、運動などで肥満を防止するほうが良いでしょう。

5:マヨネーズ

小さじスプーン1杯分のマヨネーズには、驚くべきことに90kcalもあるのをご存知でしたか?マヨネーズの原材料は卵と油、脂肪分は10gも含まれています。日本大震災の際にマヨネーズを食べて生き延びた方がいるというほど、高カロリーな食品なのです。マヨネーズ好きな子どもは多いと思いますが、できるだけ少なめに使用しましょう。

6:冷凍食品

非常に便利で美味しい冷凍食品、頻繁に食べている方も多いと思います。しかしじつは、高カロリーかつ塩分の高いものが多いといった側面も…。忙しい毎日を送っていると、つい子どもにも食べさせてしまう機会が多くなりがちですが、できるだけ手作りのものを食べさせたいですね。

≪肥満の原因は生活習慣に隠れていることが多いのです≫
1分で簡単チェック【痩せない生活習慣】を診断してみる

【医師からのアドバイス】

いかがでしたか?子どもの好きな食べものが多いことに驚かれた方もいるのではないでしょうか。

いきなりこれらの食品をまったく摂らない、ということは難しいと思いますが、信頼できる製品を見極める、あるいは少しずつ量を減らすなどを心がけ、お子さまの健康を管理したいものですね。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス