1910年代から30年代にかけて、パリを中心に西欧で栄えた装飾様式『アール・デコ』。 アール-ヌーボーが“曲線”を主とするのに対し、現代都市生活に適した実用的で単純・直線的なデザインが“アール・デコ”の特徴なのですが、そんなアール・デコのスタイルを用いて描かれたディズニーのポスター。これがとっても素敵だったので紹介したいと思います。

落ち着いた色彩がなんとも魅力的なこの作品。描いたのは、スペインを拠点に活躍するグラフィックデザイナー“David G. Ferrero”さんでして、ディズニーの大ファンでもある彼が描く、アール・デコ調に描かれた作品の数々は、シンプルなんだけど、心に響く…素晴らしい作品となっています。

幾何学図形をモチーフにした記号的表現や、原色による対比表現など、アール・デコの持つ特徴を見事に用い、描かれた作品の数々。では、オシャレすぎるディズニーポスター。一挙にご覧下さい!

『眠れる森の美女』

『アラジン』

『リトル・マーメイド』

『シンデレラ』

『美女と野獣』

『ライオンキング』

『ノートルダムの鐘』

『塔の上のラプンツェル』

『ヘラクレス』

『オリビアちゃんの大冒険』

いかがでしたか?

最後は、1986年7月2日に公開された、とっても懐かしいディズニー映画『オリビアちゃんの大冒険』でしたが、メインのキャラクターと、象徴的な存在が盛り込まれ描かれた…オシャレすぎる作品の数々。本当に魅力的ですね。

アール・デコとディズニーの美しすぎる融合。なお、“David”さんのHPには“新作”が、不定期ではありますが、アップされ続けていますので、アール・デコ調のディズニーポスターに興味を持った方は是非、“David”さんのHP(Deviant Art)。チェックしてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス