エア・カナダが飛行中に、貨物室でトラブル発生。乗客には危険はないものの、貨物室にいる命が危険に!そのときとった機長の行動とは?

飛行中のエア・カナダで貨物室でトラブルが発生

イスラエルのテルアビブからカナダ・トロントに向かって飛行中だったエア・カナダ85便。飛行中に機長は貨物室の暖房システムに問題があることを発見しました。暖房の不具合は貨物室だけで客室には問題ありませんでしたが、貨物室には乗客が預けた犬がいました。

犬の命を救うために目的地を変更する決断

暖房システムの不具合をそのままにして飛行を続けると、「犬が非常に不快に感じるだけでなく、生命に危険が及ぶ」と判断した機長は、飛行ルートの近接地でかつエア・カナダが多数乗り入れているドイツのフランクフルトに行先を変更。

フランクフルトの空港で、犬は無事別の便に乗り換えました。その後85便は再び本来の目的地、トロントに向かって航行しましたが、予定より75分遅れで到着することなったそうです。

飼い主は機長に感謝

機長の判断で命を救われた、貨物室いた犬の名前は「シンバ」7歳。85便の乗客であるジャーマン・コントロビッチさんの飼い犬でした。

「この犬は私の子供のようなものなのです」とコントロビッチさんは語り、機長に感謝の意を表しました。

出典 http://edition.cnn.com

乗客も専門家も称賛

エア・カナダのスポークスマンは「乗客の皆さんにはご迷惑をおかけしましたが、犬に危険が及ぶ可能性があり、犬の命を救うためだったことに理解を示していただき、おおむね好意的に受け止めていただきました」と話しています。

乗客は「まちがいなく、正しい判断だった」と話しているそうです。また、このニュースについて航空専門家は「機長には機内のすべての命を守る責任がある」とし、正しい判断だったと語りました。

機長の判断を受け入れるカナダも神対応

遅れたうえに燃料も消費しているのですから、日本だったら乗客はクレームの嵐、マスコミも非難の嵐、航空会社は機長を許さなかったでしょう。そもそも日本の機長だったら、「犬の命を救うことが重要」などとは考えないでしょう。

しかしそこは、さすが動物愛護の精神の高いカナダ。機長の判断もさることながら、乗客や専門家までも「犬を助けるために目的地を変更する」という機長の決断を支持し、称賛しています。

例え犬であっても「一つの命」と考えてくれた機長の対応はまさしく「神対応」と言えると思います。

この記事を書いたユーザー

このユーザーの他の記事を見る

ゆっくり、ゆったり暮らすが目標。
動物保護ボランティアをしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス