青春アニメの聖地には景色の良い場所や、美味しい食べ物がいっぱい♪

週末にカップルや家族でお出かけするときってついマンネリしがちですよね。そんな時は一緒に感動を共有して、聖地巡りをしてみませんか?

ドラマ化決定!“あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない”

幼馴染の死という過去を抱えた若者たちの絆や成長を描いた“あの花”。アニメ放送後も人気が続く中、実写ドラマ版も9月21日(月)21時から放送されます。

まだアニメを知らない方のためにも、まずは“あの花”の聖地・秩父を紹介します。

1. 旧秩父橋

イメージカットに使われたこともあり、鉄板の聖地となった旧秩父端。主人公の宿海仁太(じんたん)や本間芽衣子(めんま)が最終話で走っているシーンなど、本編でも重要な場面で登場しました。

2. のんびり一息つくなら“定林寺”

松雪集(ゆきあつ)と鶴見知利子(つるこ)がOPでジュースを飲んでいたのが“定林寺”です。とぼけた表情の和尚の看板まで、細かく再現していますね。

3. 秩父が見渡せる“羊山公園”でリフレッシュ

こちらもOPで久川鉄道(ぽっぽ)が座っている場所“羊山公園(ひつじやまこうえん)”の見晴しの丘。春には芝桜が咲くことでも有名で、秩父を見渡せる絶好のビュースポットとなっています。

美大生の恋愛に胸キュン“ハチミツとクローバー”

美大生達の恋と友情に目が離せなくなる“ハチミツとクローバー”。映画やアニメ、ドラマ化もされて大ヒットしました。

聖地が書ききれないほどある作品ですが、押さえておきたい3つがこちらです。

4. 言わずと知れた聖地“武蔵野美術大学”

この写真だけでもハチクロ好きな方なら、ピンとくるのではないでしょうか?どちらも架空の大学、浜田山美術大学として登場した風景です。実際は作者の羽海野チカさんも通われていた、武蔵野美術大学をイメージして描かれています。

5. みんなで来た大観覧車がある“葛西臨海公園”

仲良し5人組で行った葛西臨海公園の大観覧車は、日本でも有数の巨大観覧者のひとつ。お昼でも夕暮れ時でも美しい景色を見ることが出来ます。

他にも山田あゆみが野宮と訪れる観覧車がありますが、あれは横浜になります。

6. お腹が空いたら“丸栄ベーカリー”

物語中にたびたび登場するパン屋さん“丸栄ベーカリー”は学芸大学の駅から少し歩いたところにあります。ラストで主人公の花本がパンを食べるシーンは、とても切ないけどあったかい気持ちになりますね。

涙腺が壊れる“四月は君の嘘”のあのシーンは…

ピアノの音が聴こえなくなったしまった主人公が、ある少女との出会いにから互いの才能に共鳴し成長する様子を描いた“四月は君の嘘”。

舞台となった東京都練馬区をはじめ、登場したカヌレを販売しているケーキ屋さん等に訪れる人が増えています。

7. 桜並木の下を散歩したい“石神井川”

有馬公生(ありまこうせい)と宮園かをりが話している桜並木の場所は、練馬高野台駅周辺の石神井川(しゃくじいがわ)です。春にはこのシーンを思い出しながら、お花見でも訪れてみたいですね。

8. コンクールの場所も実在します!

TOWAHALLとして出てくるこの場所は“練馬文化センター”がモデルになっています。中の再現度も高く、実際にアニメの特別先行上映会なども行われました。

9. ヒロインが食べてる“アルカション”のカヌレ

ヒロインが大好きな実家のカヌレは、西武池袋線保谷駅にある“ARCACHON(アルカション)”のカヌレが元になっていると言われています。

ちなみに、ケーキ屋さんでもあるヒロインの家の外装のモデルは別の場所にあり、保谷駅南口にあるLIP hair design(リップ ヘアー デザイン)です。

番外編:あの花スタッフが送る最新作“ここさけ”聖地

“ここさけ”は“あの花”のスタッフが送る新作アニメ映画で、注目が集まっています。

内容は言葉を発するとお腹が痛くなるという呪いをかけられ、心を閉ざした女子高生と仲間の成長物語。また、アニメファンの聖地を巡る旅が始まりそうですね。

10. “あの花”と同じく、舞台は再び秩父

“あの花”と同じく秩父を舞台にしており、特報で流れた町並みも秩父と同じ場所がありました。街を散策しながら、探してみたいですね!

11. “羊山公園”もまた登場しています

女の子がうずくまっている場面は羊山公園。これを見ると夕方行って同じ写真を撮影する方が増えそうです。

12. ここにもアノ和尚を発見“大慈寺”

“あの花”では定林寺でしたが、“ここさけ”では大慈寺が写っていました。左端には似たような和尚の看板が。このあたりの札所のお寺では、お馴染みのものなのでしょうか…?

いかがでしたか?今回載せたのはほんの一部で、他にも名作やスポットはたくさんありますよ。帰ってきてから、一緒に見直しても楽しそう♥

聖地へ行くときはマナーを守って、楽しく観光してくださいね。

この記事を書いたユーザー

sally このユーザーの他の記事を見る

フードコーディネーターの資格を持つ、神戸出身のライターです。暮らしに役立つちょっとした情報から、オススメのグルメ、ファッションまで幅広く書いています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス