9月といえばお月見ですよね

Licensed by gettyimages ®

今年の「中秋の名月」は9月27日です。
お月見を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?

中秋の名月は、旧暦8月15日の夜の月を見て楽しむ平安時代から伝わる行事です。

丸い月を見ながらお団子を食べて過ごす。
しかし、中秋の名月とは必ずしも満月でないというのはご存知でしたでしょうか?

中秋の名月とは「秋分の日以前の一番近い新月の日から15日目」とされています。

しかし、月の周期は30日ではないため、実際に満月になる日と1日~2日程度の誤差が出ることが珍しくないのです。

ただし、中秋の名月の月は「ほぼ満月」であることには変わりなく、古来から「お月見」をする日として現代までみんなに親しまれながら引き継がれています。

では、実際に満月の日はいつなのか?

Licensed by gettyimages ®

では、実際に満月の日はいつなのか?

今年は中秋の名月の翌日に満月を見ることが出来ます。
しかも、いつもより大きく光り輝く満月。

9月28日は今年最大の満月「スーパームーン」を見ることができるのです。

スーパームーンという用語は、占星術師のRichard Nolleが1979年に以下のように定義した。

軌道中で地球に最接近(90%以内)した新月または満月。即ち、地球と月と太陽が直線上に並び、月が地球に最も接近した状態。

出典 https://ja.wikipedia.org

通常、月と地球までの距離は384,400kmと言われています。

しかし、みなさんがご存知の通り月は地球の周りを周回しています。

その際の月の軌道は楕円のかたちを描き、地球に近づいたり、遠ざかったりしながらまわっているんだそうです。

そのため月と地球の距離は、およそ35万7000kmから40万6000kmまで変化する。

今年の9月28日は、月と地球との最短距離が35万6876kmになります。

スーパームーンってどうやって見るのがいいの?

Licensed by gettyimages ®

スーパームーンは月が見える場所からであれば、どこからでも見ることが出来ます。

普段の月よりも大きく明るいため当然のことなのですが、月を見るときに近くに比較対象があるとその大きさをより実感できます。

また地平線付近では月が実際よりも大きく見える「ムーン・イリュージョン」といった現象が起こるようです。

ムーン・イリュージョンについては毎日見られる現象なのですが様々な説があり、いまだにはっきりとした理由はわかっていないようです。

パリで撮影されたスーパームーン

出典 https://instagram.com

スーパームーンの時は、月が地球に近くなるため満月のスーパームーンでは、肉眼で月の表面まで見えることもあるようです。

写真撮影するのであれば望遠レンズを使うと綺麗にとれます。

スマホで撮影する場合は夜景モードや風景モードをうまく使ってみましょう。

月が白くなってしまうようであれば露出補正をマイナスすることで綺麗に写すこともできます。

スマホ用の望遠レンズも売っているので購入を検討してみてもいいかもしれませんね。

またスーパームーンにはエクストリーム・スーパームーンと呼ばれるものもあります。

特に最接近して近地点から前後1時間以内に満月または新月を迎えることを「エクストリーム・スーパームーン」 (Extreme Supermoon)と呼ぶ場合があり、このような満月はおよそ18年に1度の割合で観測できる

出典 https://ja.wikipedia.org

この現象は18年周期で訪れるもので、エクストリーム・スーパームーンを次に見られるのは2034年なんだそう。

今世紀、最も月が地球に近づくのは2052年12月6日で、35万6421 km と予想されています。

ちなみにですが…

Licensed by gettyimages ®

スーパームーンは地表や海面にも影響すると言われています。

月と地球が接近することによって、そのぶん月の引力が強く働くため地表を引っ張り、海水も月に引き寄せられるんだそう。

月が地球に接近することは地震や暴風雨、異常気象をもたらす原因と言われることもあるようです。

終わりに

今年は中秋の名月の翌日がスーパームーン。
つまり、スーパームーンの前日の十五夜も月がかなり近づいているということです。
いつもよりも大きな月で「お月見」できるというのはうれしいですね。

次回のスーパームーンは2016年の11月14日だそうです。

「中秋の名月」からの「スーパームーン」
是非、27日、28日の2日間は夜空を見上げてみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

amaneck このユーザーの他の記事を見る

記事を読んでいただきましてありがとうございます。ネットでちょこちょこ記事を書いている神奈川県在住の副業ライターです。個人的に気になったことをお伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス