一度でもアルバイトをしたことがある人であれば、耳にしたことがあるかもしれない「ホウ・レン・ソウ」。

もちろん野菜のことではありません。この「ホウ・レン・ソウ」は、アルバイトを新しく始める際に必ずと言っていいほど言われる言葉です。社会人になってからも実は大切なこの「ホウ・レン・ソウ」とはいったいどんなことを指しているのか、ご紹介いたします。

仕事を円滑に進めるホウ・レン・ソウとは?

「ホウ・レン・ソウ」とは、「報告・連絡・相談」の3つの行動を表しています。この3つがしっかりと成されていることで、チームワークや仕事のスピード感、達成度が大きく変化します。また、アルバイトを管理する立場の社員にとっては状況を把握するための重要なファクターとなります。

この「ホウ・レン・ソウ」がしっかりとできているかいないかで、仕事が進む円滑さは大きく変わってきます。
アルバイト先でそれぞれ間違った認識をしないよう、次から1つ1つ説明します。

アルバイトで最も大切なのは「報告」すること

「報告」とは仕事の成果やその経過状況を伝えることであり、主に後輩から先輩へ、または部下から上司へ行うものです。アルバイトの場合は、自分を管理している社員または先輩アルバイトへということになります。

おおよその場合次の仕事の指示は、「報告」によって得た情報を元に振り分けられます。「自分にとっては大したことないと思っていたことが実は会社にとっては大変なことだった…」なんてこともあるかもしれません。どんな些細なことでも「報告する」というクセを身に付けましょう。

正しい「連絡」の仕方を知ればミスは防げる

「連絡」とは、文字通り自分自身が情報発信者となり、必要な情報を伝達することです。
自分の推測や感想などは入れず、正しい情報を簡潔に発信します。これは上下関係なく誰でも発信者、受信者になりうる場合があります。

しかしここで注意。正しく「連絡」をするためには、必ず口頭のみの連絡ではなく、メモなど紙に書き起こし、それを渡すと同時に口頭でも伝える方が良いでしょう。
口頭のみの連絡は聞き間違いや聞き漏れなどミスの発端となりかねません。どんなに小さなことでも確実な方法をとることが大切です。

困ったことがあればすぐに「相談」を

「相談」とは、困ったことが起こった時、判断に迷う時に先輩や自分を管理する社員または仲間に意見を聞くことです。
この「相談」というのはなかなか難しいもので、困っているにも関わらず「まぁ、このくらいで」と自分の裁量で判断する人が多いのが実情です。

しかしこれは大きな事故の元。事故を起こさないためには、自分がどこまで判断して良いのか、またどこまで決めて良いものなのかをしっかりと把握しておくことが大切です。自分で判断できないことはすぐに「相談」するように心がけましょう。

最後に

一見ふざけているようにも思える「ホウ・レン・ソウ」。しかし仕事の上では、この「ホウ・レン・ソウ」を徹底することで、驚くほどの成果を生み出すことがあります。
それぞれの意味をしっかりと理解し、アルバイトに役立てましょう。

関連記事もチェック

この記事を書いたユーザー

マイナビバイト編集部 このユーザーの他の記事を見る

アルバイト情報サイト「マイナビバイト」から、バイト・パートにまつわるちょっと気になる話題をお届けいたします!

得意ジャンル
  • マネー
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • 恋愛
  • ファッション
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス