記事提供:鈴木おさむオフィシャルブログ

昨日は、プライベートで写真撮影をしていただきました。

カメラマンの蜷川実花さんは、僕と同じ年の1972年生まれ。

現在二人目のお子さんを妊娠中。

去年、大島優子さんのラジオで知り合い、同学年だってことが判明し、なんだか、「えー?同じ学年なのー?」みたいなことになり、そこから一緒に、72年会を発足し、今まで存在はバリバリ知ってたし作品はもちろん見ていたけど、急に距離が縮まりまして。

不思議と、同学年の人って距離が縮まるのが早いんですよね。

そんで、蜷川実花さんが、「出産祝いに写真を撮ります!!」って言ってくれて。

私にできる一番のことはそれかな…って。格好いいですね。

ありがたい!ってことで、昨日、行ってきまして。撮影してもらった写真の一枚がこちらの写真。

蜷川実花さんとは知り合ってからお仕事もさせてもらいましたが、凄いんです。

表情の注文とか一切しない。笑ってくださいとか絶対言わないしね。

そんでめちゃくちゃ仕事のスピードも速く。これぞ、超一流、プロの技って、感じまして。

そんな実花さん、僕と妻と息子を撮影。バックのお花まで作ってくれて。

写真って不思議で。撮影したその人の気持ちが通ると別のものに見えたりして。

そこも含めて写る…のが写真なんだなと。この写真を見てあらためて感じまして。

そんな実花さん、お腹に赤ちゃんがいて、僕と同じ年、43歳の年での出産になるんですが。そして産まれて二カ月の息子と妻と僕を撮影して。

そこには、カメラを持つ母親の抱擁感があり。だから写真ってすごいなと。

その人にしかできない出産祝いって格好いいですよね!

本当に本当にありがとうございます!!

で、今日は皆さんに聞きたいこと。ありまして。

これまでに、コメントで「出来ちゃった結婚」に関して、僕の意見と皆さんの意見を聞きたいというものが数件ありまして。

そうやって僕だけの意見じゃなく皆さんの意見を求めるのがこのブログの素敵なところで。

なので、今日は皆さんに募ろうと思います。

このブログで、僕の意見&皆さんの意見を聞いてみたい議題やテーマ、あったら教えてください!!

ピックアップして、僕の意見をここに書き、そして皆さんの意見を聞きますので。

そして。手こずり野菜。ゴボウ、かぼちゃ、タケノコあたりが多いでしょうか。

栗なんてのも多かった。苦労の割には食べられる量が少ない的な。わかる。わかります。

苦労して食べる量が多かったらいいんだけど、食べられる量が少ないとね。調理中に心が折れてくる的な。でも、そういうものに限ってうまかったりして。

家の冷蔵庫にただいまゴボウがしっかり眠っているので、近日中にしっかり向き合いましょう!!

そしてそして、発売して一週間、本「妊活ダイアリー from ブス恋」の中で、出産予定日の話を書いたエッセイをここで掲載。

個人的にはすごく好きなんですよね。これ。

2015年6月12日

出産予定日

予定日通りに産まれる人はそんなに多いもんじゃないと思いつつも、やはり予定日2日前からのそわそわ感は半端じゃありません。妻も予定日1週間前くらいから、期待と不安で言うと、不安の方のふくらみが加速したようでした。

予定日は僕がパーソナリティをやっている東京FMの「よんぱち」というラジオの生放送がありまして。しかも3時間半。

ラジオスタッフは心が広すぎて、「もし放送中に陣痛が来たらすぐに放送抜けてもらっていいですから。そっちの方が大事ですから」と。いや、放送も大事だろ!

と思うが、もしもの時に備えて、その日のゲストは喋りの得意な芸人さんをズラリと揃えてくれていた。いやー、ありがたい。

出典妊活ダイアリー from ブス恋

が、その世話になることなく、放送は終了。その日の朝、病院で健診を受けていたのですが、「まだ下がってきてないな」と言ってたので、「今日は来ないんだな」と思いつつも、その日はずっと勝手に緊張していた。

予定日は金曜日、この週末の土日。「もしかしたら突然来るかも」と緊急スタンバイに備えて、結構家にいまして。家で出来る仕事とかしていたものの、奥さんのお腹を「まだ下がってきてないかな」とさりげなくチェック。

妻は予定日までは不安が大きかったようですが、予定日を過ぎてからは、日に日に大きな体のように構える気持ちも大きくなっていったようです。「もうここまで来たらいつでも来い」と。

予定日の健診ではお腹の中の赤ちゃんは3000グラム台前半。だけど僕は心の中で思っていたのです。僕は産まれた時に4050グラム。妻は3950グラム。親の産まれた時の体重に近づいて産まれる!

なんて噂も聞いたことあって、かなり大きく育ってから産まれて出てくんじゃないかと。

出典妊活ダイアリー from ブス恋

予定日を過ぎて4日目に突入。土日の2日間、勝手に緊張しすぎて疲れてしまい、なんだか自作自演でピリピリしてしまった。

だけどね、一番不安なのは妻であって、なのに旦那が勝手にそわそわしてドキドキして緊張してその末にイライラしてたら、足を引っ張るな!

と思い、まずはその状況でリラックスして生活できるように、自分自身があまり力を入れ過ぎず友達と飲みに行ったりするようにしました。

旦那さんは出産予定日の近くになったら、「俺がいるから大丈夫だ」と構えて守ってあげなきゃいけないんだけど、でも、男の方がビクビクして心配しちゃうもんなんでしょうか。

予定日を過ぎて5日目。妻と鍼に行く。お腹の中の赤ちゃんが下がってきてる感覚が全くないと言ってた妻だったが、この鍼が終わったあと、急に下がってきた感を訴える。

「おまたあたりが痛くなってきた」と。歩くのもしんどい。だけど、歩くのがしんどいからこそ、歩いて赤ちゃんを下げてあげなきゃダメだといろんな人にアドバイスをいただき、歩く。

なるべく時間を見つけて、妻と一緒に歩くようにした。今考えてみると、予定日を過ぎてお腹が大きくなりまくってる中で二人で街中を何度か散歩できたのは、お腹の子からのプレゼントだったのかなと思ったりもする。

出典妊活ダイアリー from ブス恋

予定日を過ぎて1週間。さすがに1週間過ぎてまわりがざわざわし始める。メールも結構届く。そのメールは「私も1週間遅れたよ」とか「2週間遅れました」とか書かれているんだけど、なんだか励ましに見えたりして、僕の中で再び焦りが出始める。

妻が通っている病院はなるべく自然分娩で産む!

という考えなのですが、予定日から1週間過ぎて病院に行った日に、「2週間経って産まれなかったら帝王切開という選択肢も入ってくる」ということを言われる。

なんとか自然分娩で産ませてあげたい。病院の先生もそう思ってくれているし、僕もそう願っている。

予定日を過ぎたあたりから病院に行き、妻は弱めの誘発剤的な薬?が入った点滴を5時間くらいかけて打つようになった。

これを打ってる間は明らかに子宮が収縮してる感じがわかるらしい。が、点滴が終わり家に帰ると、普通に戻る。明らかにお腹のふくらみは大きくなるが、病院のエコーでは3000グラム台前半という予測。

家に帰って、妻のお母さんが「そろそろ産まれてきてくんないかね~」と明るく言ってくれる言葉に救われる。なんか夫がそれを言うと、奥さんが焦ってしまうんじゃないかと思って。

正直予定日過ぎてからしばらくは、妻がお腹を触りながら「自分のタイミングで産まれてくればいいんだよ」と言ってたので、僕もお腹に向かって「焦らなくていいんだから」と言っていた。

出典妊活ダイアリー from ブス恋

しかし!

予定日1週間を過ぎて僕は対応を変えた。逆子の時に話しかけが効くと言われて実行し、効いた気がした。予定日を過ぎた時も夫がお腹に話しかけたらそのあと5分後に陣痛が来たと教えてくれた人もいたので、実行することにした。

妻を寝かせて股を開かせる(もちろん服は着ているが)。その股に直接僕は口をつけて大きな声で叫んだ。名前で呼んだ。「笑 え 福 ふ ー!そろそろ出てきてくれー!そうじゃないと帝王切開になっちゃうよー!だからそろそろ出てきてくれー!頼む」。

お母さんが 横にいた。お母さんは娘の股に顔をつけて叫んでいる男性をどう思ったかわからないが、笑ってくれてたから助かった。

その叫びが届いたのかわからないが。いや、届いたのだろう。お腹の子供は動き出した。

出典妊活ダイアリー from ブス恋

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス