最近は涼しくなってきて、運動にもちょうど良い気候になってきました。「食欲の秋」対策に「運動の秋」ということで、ストレッチなどを始めた人も多いのではないでしょうか。

このストレッチですが、同じストレッチでも、行う時間帯によって効果が違うといわれています。今回はストレッチの効果を最大限に引き出す時間帯を紹介します。

朝:ダイエットに適した時間帯

Licensed by gettyimages ®

朝起きてすぐのストレッチは血行を促し、1日の代謝量アップにつながります。

夜の時間帯は気温も下がって、寝ている間に体が冷えて筋肉もこわばりがち。朝ストレッチで体と頭をスッキリ目覚めさせ、太りにくい体作りを目指しましょう。

夜:骨盤の歪みを改善

Licensed by gettyimages ®

入浴後で体が温まっているときは、ストレッチの効果があらわれやすいタイミングでもあります。入浴後や寝る前のリラックスタイムには、ストレッチで1日の疲れやコリをリセットしましょう。

日常の歩き方や座り方などの何気ないクセや長時間のデスクワークなどが、骨盤の歪みの原因になってしまうこともあります。

骨盤の歪みは体全体の歪みを引き起こし、ぽっこりお腹や下半身太りになりやすくなるほか、肩コリや腰痛など体の不調につながることもあります。

夜ストレッチで1日の歪みやむくみをリセットするとともに、体をスムーズな睡眠へと導いてあげましょう。

Licensed by gettyimages ®

効果的な時間のストレッチは代謝アップや歪み解消のため、毎日の習慣にしたいところです。無理なく食欲の秋を撃退できるように、ちょっとずつでも取り組むようにしましょう!

この記事を書いたユーザー

たつや このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • マネー
  • インターネット
  • 育児

権利侵害申告はこちら