記事提供:しらべぇ

スーパーで売っているネギトロで、野菜の「ねぎ」が入っていないパックを見かけたことはないだろうか。

じつはネギトロの「ねぎ」とは、野菜の「葱」のことではない。葱がなくても「ネギトロ」で間違いはないのである。

■「ネギトロ」由来の真相とは?

ネギトロにはマグロの中落ち(骨の隙間に残った切り身以外の部分)に加え、皮の裏についている脂身や頭の肉などが使われる。

名前の由来は、その製造のときにスプーンなどで骨から「ねぎ取る」、つまり削ぎ取ること。つまり「トロ」の部分さえ使われていないのである。本当は「葱」のことでも「トロ」のことでもなかったのだ。

ちなみに回転寿司などのネギトロは、赤身のマグロに植物油を添加してつくられていることも。赤身に脂を添加し、中落ちや頭の肉でつくる本来のネギトロに似せているそう。

■一方で半数以上の人が「葱トロ」を支持

しらべぇ編集部がマインドソナーを使って全国10~50代の男女387人にアンケートを実施したところ、半数以上の205人が「ネギトロに葱が入っていないと嫌だ」という結果に。

やはり世間一般の「ネギトロ」のイメージは、「葱とトロの組み合わせ」といえるだろう。

現在ではもともとの由来とは関係なく、葱をまぜたものや本当にトロを使ったものなどさまざまな種類の「ネギトロ」が流通している。購入するときに原材料表示を確認してみてはいかがだろうか。

■10月10日は「マグロの日」

西暦726年10月10日、歌人の山辺赤人が聖武天皇に仕えて明石地方を訪れ、当時マグロ漁で栄えていたその土地をたたえマグロの歌を詠んだのだとか。

それにちなみ、この日は「マグロの日」に制定されている。今も国民的に愛されるマグロだが、ときには歴史や語源に思いを馳せてみるのも面白いだろう。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス