記事提供:ガジェット通信

“ユニバーサル・スタジオ・ジャパン”(以下“USJ”)の秋のイベント『ハロウィーン・ホラー・ナイト』が、今年も9月11日よりスタートしています。

ホラーアトラクションやホラーイベント満載の“USJ”のハロウィーン・イベントは毎年恒例となっており、あまりの容赦のない“怖さ”の演出にその評判は年々拡大。

昨年のハロウィーンでは過去最高の来場者数を記録しているそう。皆なんでそんなに勇気あるの…。

そして、『ハロウィーン・ホラー・ナイト』のお楽しみといえば、夜間にパーク内の路上でゾンビに遭遇する『ストリート・ゾンビ』。アトラクションに乗らずとも容赦なくゾンビに遭遇してしまうこのイベント、

「怖いもの苦手な人もいるんだし、さすがに怖すぎないゾンビ用意してるんじゃないの~?」とか思ってませんか?甘い甘い…“USJ”のゾンビは情け無用の怖さです。

昨年よりも更に怖さがスケールアップしたという『ストリート・ゾンビ』。一体どれほどの怖さなのか?気になっているあなたのために、実際に体験した人たちの動画が公開となりました。

今回体験したのは、ゾンビなんか一撃で倒せるであろうWBA世界フライ級チャンピオンの井岡一翔さん、どんな過酷な状況でも笑顔を忘れないアイドル・元NMB48の松田栞さん

もはや「怖い」という感覚が麻痺しているというオカルト研究家の中山市朗さんなど。みなさん、人柱になっていただいてありがとうございます!

彼らの恐怖に満ちたリアクションや恐ろしすぎるゾンビが話題沸騰、動画の公開ツイートはわずか2週間ほどでリツイート数2万3000回を達成。「絶対行きたい!」「行きたいけどトラウマになりそう!」などといった声(&悲鳴)が上がっています。

人って本当に恐ろしいものに出会ったとき、こういう顔するんだな…というのがよく分かるこの動画。リアクションの合間に挟まれるゾンビの映像が怖すぎて思わず同じ表情をしてしまう次第です。容赦なさすぎるんだもんよ…。

そして、終わったあとにみなさん大変スッキリした表情になるのも共通しているポイントですね。ストレス解消にもぴったりかもしれませんよ?まあ無事に帰ってくることもままならないかもしれませんが…。

出典 YouTube

『ストリート・ゾンビ』以外にも、『エイリアンvs.プレデター』『エルム街の悪夢』『学校の怪談』『コスチューム・パーティ#仮装で熱狂』などが新しく登場し、過去最多となる9つのホラーコンテンツが楽しめる『ハロウィーン・ホラー・ナイト』。

今年は開催日を増量して9月11日~11月8日まで開催です。みなさん覚悟を決めて、いってらっしゃい!

『ハロウィーン・ホラー・ナイト』

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス