記事提供:子ある日和

子育てが始まると、なくなるママの時間。赤ちゃんが可愛いくて仕方がないのに、モヤモヤした物が心にどっしり溜まってきた…。

ママだって、人間です。赤ちゃんが産まれて、完璧なママに変身するわけじゃないんです。赤ちゃんとママは、一緒に成長するんです。

そんなママを支えてくれるのが、パパ!!のはずが…

実際は仕事が忙しくて、なかなか子育てできていない。何をしたらいいのか分からない…。なんてパパも多いはず。

ママが喜ぶちょっとしたサプライズ。パパ、ちょっと見てみてください!!

1. 予定がまったく立てられない

「赤ちゃんが産まれると、赤ちゃん中心の生活になる」なんて、最初から分かっていましたよね。

でも、実際産まれてみると…想像を遥かに超えた激変の生活が始まります。

「明日10時に家を出ようね」と言われたところで、時間通り家を出れる気なんてまったくしない。

努力次第とかの問題じゃない。いつ泣き出すか、いつ寝始めるか、予測がつかない赤ちゃん。それに、合わせて行動するママは自分の予定なんてまったく立てられません。

時に、それは家事をするのだって大変なのです。洗濯物を回しても、干せるか分からない…。ご飯を作ってる途中で泣き始める…。雨が降ったら買い物どうしよう…。

ひとつひとつは小さいけれど、「出来ない」が積み重なると、とんでもなくストレスになるんです。でも、パパも仕事で疲れてるから負担になりたくないな…と思うと甘えられなかったり。

そんな時は「○○ちゃん可愛いな~」と赤ちゃんをあやして自然にフォローしてみてはいかがでしょうか。

「手伝う?」や「やってやるよ」と言われると悪い気がしちゃうんです。

「大丈夫?疲れてない?」と聞かれたら、「今は、○○と遊びたいんだ」と無理してる素振りは見せないでくれると、ママは嬉しいのです。

2. 鏡の中の自分に愕然とする

産後の身体はボロボロ…。その上、休む間も無く始まる子育て。自分のことなんて放ったらかし。

そんなの当たり前…頭では分かっていても、ママだって女性なんです。髪もボサボサ、肌もカサカサ、お腹もたるんで、ムダ毛処理っていつしたっけ?そんな自分を鏡で見た瞬間…

私ってこんなんだっけ?と愕然としてしまう事があります。

子供が産まれて育児を頑張ってるママに、「美容院行って来なよ」と言えるパパになってください。

3時間くらいは1人で子守が出来るようになってください。そして、ママが帰ってきたら「綺麗だね」て褒めてあげてくださいね。

3. パジャマや部屋着でいる日が多い

ママになると、始めのうちはなかなかゆっくり外出も出来ません。

外に行けば、途中でおっぱいをあげなくてはいけなかったり、オムツ替え、ぐずるなど、赤ちゃんに合わせる事が沢山あるので、気軽には外に行けなくなります。

家にいる事が多く、「今日も1日パジャマだった~」という日も多くなります。おっぱいをあげるから、日々おっぱい丸出し状態。可愛い下着もつけられない。髪の毛が長い方はずっと結んでいなくちゃならない。

ママが「おしゃれしたいな~。でも、出来ないな~」なんて呟いていたら、可愛いパジャマをプレゼントしてあげてください。

授乳口が付いてるとママも楽チンですね。

「なかなか外に出れないけど、これ着てみて。俺が選んだんだ。いつもありがとうね」と言葉を添えてあげてください。

嬉しくて、ママはまた頑張れちゃいます。

4. ママを抱きしめられるのはパパだけ

赤ちゃんが泣いてたりすると心配になりますよね。仕事中、元気にしてるかな?と気にかけますよね。

ところで、ママの事は気にかけた事はありますか?1日24時間、ずっと赤ちゃんをみているママ。ちゃんと寝れているか分かりますか?ご飯は食べれているか分かりますか?

肩や腰がカチカチに凝ってるかも。精神的に疲れているかも。

赤ちゃんを抱きしめて、ママも抱きしめてあげていますか?

ママがパパに「お仕事お疲れ様です」と言うように、パパも毎日ママを抱きしめてあげてくださいね。

パパがこんな事してくれたら嬉しいですね。でも、パパもパパ初心者なので、上手くできないんです。

そんなパパにヒントをあげましょう。

これを見てくれたパパへ。

ママは、パパだけが頼りなんです。パパがいてくれたら頑張れます。パパに本当は甘えたいんです。

お仕事も忙しくて大変ですが、ちょっとだけパパも頑張ってください。

頼りにしてますよ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス