記事提供:NewsACT

今回は「玉子とそぼろの二色どんぶり」をたった160円で作ろう、というお手軽ズボラレシピの紹介です。なんと味噌汁付きで160円ですよ!

(※なお、160円という金額はどんぶり勘定で計算しています、どんぶりだけに)

貧乏生活が生んだ“俺のズボラ飯”

私は今でこそマンガ原作者として連載を持ち、日々このブログNewsACTをアップし続けておりますが、数年前、完全な開店休業状態にあり、まる2年、ほとんど仕事をしていなかったアラサーニートでした。マジで死ぬかと思った。

死んだように生きていても、腹は減る。そんな時、開発した貧乏レシピが今回の「玉子とそぼろの二色どんぶり(味噌汁付き)」。

貧乏な方にも、そして料理の手間を減らしたい独身諸氏の為に紹介したいと思います。

材料は「サバ缶」と玉子

必要な材料は、

・さば味噌缶詰
・玉子1個
・米

材料はこのたった3つです。調味料も要りません。フッ素加工のフライパンを使えば、油も要りません。味噌汁付きなのに味噌も要らないのは…

まずは「味噌汁」から

「さば味噌缶」から、サバを1切れ(約1/3)取り出します。

お鍋にその1欠片を入れ、さらに缶詰の中にだくだくと入っている汁を全て入れる。そうです、材料に「味噌」が要らないのは、この缶の汁をお湯で溶かして薄め、味噌汁にするから。

具はサバ。鍋にお湯(水)を入れて缶の汁を薄め、サバと共に煮るだけで、「サバの味噌汁」が完成。調味料要らず!

もちろんもっとズボラに行こう!というのであれば、単純にサバと缶汁をお椀にあけて、湯を注いで混ぜるだけでもOKです。

なお、「サバの水煮缶」を使って味噌汁を作る、というのもオススメです。味噌が必要になりますが、缶の汁を鍋に注げばダシ要らず。充分にサバは煮込まれているので、味噌を溶くだけで具の煮込み時間は不要です。

本命「二色どんぶり」のそぼろもサバ

缶に残っていた約2/3のサバは、フライパンに入れて、ヘラでほぐしながら炒める。水分が飛ぶまで弱火で炒れば、味噌風味のサバそぼろが完成。焦げ付きにくいフライパンを使っているので、油要らずです。

その後、普通に玉子1個を「炒り玉子」にします。(写真端折ります。別にそぼろの後でも前でも構いません)

あとは炊いておいたご飯をどんぶりによそい、サバそぼろと炒り玉子を乗せれば…

「そぼろと玉子の二食丼」の完成です。

はい、味噌汁を添えて、あとは美味しくいただきましょう。

材料費

サバ味噌缶:120円
玉子:10円
コメ:30円(一膳分)

総額:160円

サバ缶は値段に様々あり、実際今回買ったさば味噌缶は138円(税込)でしたが、100円ショップで108円で売られている事もあります。平均を取って120円としました。

玉子10円も、100円セール10個1パックのうちの1つを使ったとして。ご飯は米5kgで2千円として、1合約60円。私は今回その半分を使用したので30円としました。

上にも書きましたね。今回は「二色どんぶり」だけに、どんぶり勘定。わっはっは。

え?キャベツやネギがのってるじゃないかって?

まあそこは「写真映え」を意識した、「※参考完成図はイメージです」。あしからず。

なんだったらケチャップかけても美味しいですよ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス