「僕の妻が病気になった」は偽物だった?

Licensed by gettyimages ®

2005年の、Mr.&Mrs.スミス の共演をきっかけに、始まった二人のロマンス。

アンジェリーナ、ブラッド・ピットにも離婚経験があったため、結婚という形にこだわらず、2014年に正式に結婚するまで二人は『パートナー』として生活を共にしてきました。

ハリウッドのトップ俳優として活躍している二人ですが、いつも順風満帆というわけではなかったようです。

アンジェリーナ・ジョリーは母親、祖母、おばをがんで亡くしています。遺伝子検査の結果、高い確率の遺伝性がん発症のリスクが見つかりました。アンジェリーナは乳房を切除することを決めました。

そして、
2013年、こんな文章がネットにアップされました。
病気の妻(アンジェリーナ・ジョリー)を精神的に支えるブラッド・ピットの愛の手紙として。

『妻が病気になった。

仕事上の問題、個人的なこと、子供達とのいさかいや失敗などで絶えず神経質になっていた。

35歳の彼女は体重が13キロ減って、40キロになった。
骨と皮だけみたいになっていつも泣いていた。
全然幸せそうには見えなかった。

いつまでも続く頭痛と胸の痛み、彼女を悩ます神経過敏な背中と肋骨。
なかなか寝付くことができなくて、朝方にようやく眠りにつける。だから日中はすぐに疲れてしまう。僕たちの生活は崩壊寸前だった。

美しかった彼女はどこかへ行ってしまった。目の下にはクマができ、自分の頭を叩く彼女。自分を磨くことを止めてしまった。映画の撮影、すべての役を断るようになった。

僕は希望を失い、もうすぐ僕たちは離婚するだろうと思った。

・・・だけどその時、何とかしてみようと僕は決めたんだ。

だって、僕は世界一、美しい女性と一緒になったんだ。彼女はこの地球上の半分の男性と女性のアイドルで、僕はその女性と一緒に寝て、抱きしめることを許されたただ一人の男なんだ。

僕は彼女に花を送り、キスをし、いつも褒め讃えた。いつもいつも彼女を驚かせ喜ばせた。たくさんのプレゼントを送り、彼女のためだけに生きた。人前では彼女のことだけ話した。

話題をすべて彼女のことに向けた。彼女の友達、僕の友達の前で彼女を讃えた。

信じられないかもしれないが、彼女はまた返り咲いたんだ。前よりもっと美しく。

体重が増えて、ピリピリ神経をとがらせることがなくなった。もっと前より僕を愛してくれるようになった。彼女がこんなに人を愛せるなんて思ってもみなかった。

そして僕は気づいたんだ。

彼女は僕の鏡だと。

愛する人をとことん愛しぬいたら、相手も僕を愛してくれるんだ。』

ブラッド・ピット

なんとも胸が熱くなる素敵な手紙ですが・・・・・・

”もちろん、このハートウォーミングな手紙を書いたのはブラッド・ピットじゃない。この手紙は数年前からあった。そもそもブラッドピットにはこの時点で「妻」はいない。

出典 http://www.buzzfeed.com

・・・と、一種のチェーンメール的なものであって、正式にブラッド・ピットが発表したものではないようです。

でも、この手紙が偽物だっていいじゃない

Licensed by gettyimages ®

このアンジェリーナ・ジョリーの笑顔!

3人の実子と3人の養子に囲まれて、二人はようやく2014年に正式な夫婦となりました。8人の大家族です。アンジェリーナは乳房切除に続き、卵巣摘出もしているので、これ以上の実子は望めません。ブラッド・ピットが「相貌失認症」を持つなど、さまざまな困難の中で、お互いが大切な存在であると強く認識し合ったのではないでしょうか。

ネット上に拡散されているこの手紙がブラッド・ピットから、アンジェリーナ・ジョリーへのものではないとしても、この二人のものだと信じられそうな愛の形があります。

この記事を書いたユーザー

Lucas このユーザーの他の記事を見る

発達障害(ADD・注意欠陥障害)の子供がいます。発達障害のことや料理、旅行のことなど自分の気になる諸々を記事にしていけたらと思っています。*海外の記事は意味が外れすぎない範疇で簡略・意訳してあります。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス