季節の変わり目は風邪をひきやすくなります。それには、まず免疫力を高めておくことも大切。

身近にあってすぐに活用出来る、免疫力アップに効果がある食品を紹介します。

食事のお供に、簡単に添えるだけで免疫力アップ!

納豆

これは嫌いな方と好きな方に分かれますね。でも、納豆菌には抗菌力が強く、ウィルスを撃退する効果があるんです。
その他、オリゴ糖や食物繊維も豊富で、腸内を健康に保つ効果もあります。

納豆は合わせるものをいろいろ変えると飽きずに食べられる工夫ができます。
◎納豆に刻みキムチを入れる
◎納豆に刻んだ大葉とおろし大根を入れる
◎細かく刻んだアボガドとゴマを入れる

その他海苔を入れたり玉ネギのみじん切りも合います。海苔はミネラルが豊富ですし、玉ネギは血液をサラサラにする効果もありますね。

キムチ

ご存知の方は多いと思いますが、キムチは乳酸菌と食物繊維が豊富な食品。腸内を綺麗にし、善玉菌を増やす効果があります。

このままご飯で食べるのも美味しいですよね!
寒い季節にはキムチ鍋で温まるのもいいですし、豚肉を入れてキムチチャーハンも美味しいです。

飲むだけで免疫力アップ!

緑茶

日本の緑茶はなんといっても万能の飲み物です。殺菌効果や消臭効果もあるので、その手の商品に使用されていることも多いですね。

緑茶に含まれているカテキンは、抗菌や抗ウィルス効果があるんです。がん予防としても効果が期待されている飲み物なんですよ。

食後に飲む習慣をつけたり、おやつの時に飲むだけでもいいと思います。日本の家庭に普段から置いてあって飲まれている緑茶なら簡単ですね。

ハーブティー

ハーブは、つまり薬草のこと。キャンディーとして売られている商品もありますが、ハーブティーは何処でも買えて水分補給にもなるのでおすすめです。

ハーブもいろいろ種類はありますが、免疫力アップに期待出来る主なものは
◎ローズヒップ(ビタミンCがレモンの約20倍!コラーゲン生成促進も)
◎カモミール(胃腸を整えたり風邪での下痢を改善。安眠効果も)
◎エルダーフラワー(強力な抗菌ウィルス作用で風邪の症状を改善)

他にも、いろいろなハーブがあります。入浴剤として使用出来るものや料理に適したものなど、生活全般に活用出来るのもいいですね。

デザートに、おやつに食べて免疫力アップ!

バナナ

バナナはそのまま食べてもいいですし、ヨーグルトに添えたり、スライスしてパンケーキやトーストにしたりと、好みでいろいろ食べられるのも魅力です。

選ぶポイントは茶色のスポットが出ているバナナ。でも、通常はこの状態のものはまず売られていません。写真ぐらいになるまでちょっと置くのも良いかもしれません(傷まない程度に!)。

バナナは免疫細胞を活発にしたり、ペクチンやオリゴ糖で腸内環境を整える効果もあります。

ヨーグルト

ヨーグルトは腸内の善玉菌を増やしてくれるので、免疫力を強化する効果があります。毎日の朝食に添えたり、ドリンクヨーグルトを飲むのもいいですよね。

フルーツを乗せれば簡単なおやつにもなります。あまり食欲のない日にはシリアルに乗せて簡単な朝食にするのもおすすめですよ。

他にも、柑橘類やキウイフルーツなど、フルーツは免疫力アップの効果が高いものが多く、風邪予防になります。

美味しく食べて風邪予防と早期の症状改善に役立ててください。

この記事を書いたユーザー

black rose このユーザーの他の記事を見る

音楽業界を経て、フリーのデザイナー兼ライターを生業にしております。ポジティブに解決したトラブルや実体験ネタを中心に書いています。音楽好きのゴシック好きの和服好き。オカルトも大好きでございます。好きな作家は芥川龍之介、詩人は中原中也☆

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • 話題
  • 音楽
  • 社会問題
  • カルチャー
  • コラム

権利侵害申告はこちら