電気自動車ってなに?

名の通り、ガソリンではなく動力が「電気」で動く自動車です。見た目は今までの自動車とはほとんど変わることなく、室内も広くゆったりとした5人乗りといった印象です。大きな青いエンブレムが特徴であり、その部分がフタとなっていて開けると充電プラグの差込口が収納されています。

それでは、電気自動車のリーフについて注目してみます!

燃料は、ガソリンではなく「電気」

EVとは、Electric Vehicleの略で、日本語では電気自動車と言います。(中略)ガソリン自動車はガソリンをエンジンで燃焼させ、車を駆動させるのに対して、電気自動車は電動モーターで車を駆動させます。

出典 http://www.meti.go.jp

モーターで動いているためか、乗った瞬間は「これってエンジンかかってるの?」と思うくらい静かでした。おなかがぐぅ~となったら、響き渡るほどの静けさという感じです(笑)

フル充電で1回約300円の電気代!

出典ぽんたす撮影

現在では、自宅への(戸建ての場合)充電器を無料で設置してくれるようなプランもあります(※諸条件あり)もしくは、ディーラーで急速充電器を使用することで、電気代もかからないという特典もありました。

実質無料のような状態にすることも可能という、キャンペーンが満載なのです♡

私が住んでいる市でも、こういった電気自動車の普及のためか充電器が解放されており、無料で使用することが可能です。自宅近くなので、充電したまま放置して、完了したであろう時間に歩いて車を迎えに行くことで「実質無料」を実現することも可能♡

ハイオク車に乗っているとガソリン代がすごかったので、燃料費が実質無料というのはメリットを感じざるを得ません。(※以前は、スポーツカー使用)

音がほとんどしない「騒音」が少ない設計が特徴

ガソリン自動車と異なり、ガソリンをエンジンで燃焼・爆発させないため、走行中とても静かです。また、エンジン・ルームが不要になりスペース効率を上げられるため、デザインやパッケージの自由度も高く、走行安定性や加速力が向上するなどのメリット

出典 http://www.meti.go.jp

走行中の音は本当に静かで、ス~~~~っと動くため乗り心地は最高でした!ちょっと試乗するだけでも、その不思議な感覚は面白いです。

今までの自動車と運転した感じでは、特に変わりませんでした。CVT車を運転する感覚のままでOKですし、乗り心地はよくなっているといったメリットが沢山感じられた車なのです♡

電気自動車はどこまで走るのか距離が不安!

電気自動車で一番私が気になったのは、フル充電をした場合にどこまで行けるのか?ということです。途中のガソリンスタンドならぬ「電気スタンド」は日産のディーラーか大きなSAなどしかありません。

そうなってくると、電欠なんてことになれば、対応できず大変なことになってしまいます。レッカー移動なのか?!と「もしも」を心配しました。パンフレット上の距離であれば、エアコン等々を使用しても160kmは走れるそうですが、走っている最中も充電するため「うまく充電ができれば」いつまでたっても「あと○キロ走れます」という数値が減らないそうです。

ただ、充電がうまくできない場合ではガックリと数値が落ちるそうなので、唯一のデメリットとしては「あまりにも長い長距離を一気に休まず運転したい人には無理」という部分です。

今なら「キャンペーン」でリーフを試せる!?

日産では、現在リーフのモニターキャンペーンをしています。電気自動車は、いわゆるガス欠ならぬ【電欠】が一番怖いデメリットです。ですが、どこまでの距離を本当にパンフレット通りに行くのかというのは試してみないと怖いと思いませんか?

そこでこういったキャンペーンがあっているようなのです。

私も先日申し込みまして、予約をいたしました♡実際に走行し、高速道路を使用して長距離移動をする予定ですので、その結果はまた別の記事でお知らせいたします。

さて、どうなるかな?!

この記事を書いたユーザー

ぽんたす このユーザーの他の記事を見る

山の麓に移住しスローライフを楽しみながら記事を書くWebライターです。
お役立ち情報など、色々な話題を発信中!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス