出典 https://www.youtube.com

心ない飼い主に捨てられた1匹の犬。裏切られ傷つき人間不信に陥ってしまい手を差し伸べる人間の手を牙を剥き出しにし、噛み付きます。全身を強張らせき緊張感に漲っている姿が画面越しにも伝わってきます。

保護団体のスタッフが手を差し伸べれば噛み付く。そんなやりとりを何度もしました。スタッフの人達は、噛まれても噛まれても愛に満ちた手を差し伸べました。そして、彼らの想いが通じたのか犬が彼らに心を開いた瞬間の動画が話題になっています。

出典 https://www.youtube.com

保護団体、LOVE FIVE(ラブファイブ)によって保護されたこちらの犬。元気くんと名付けられました。何度も名前を呼びかけながら手を差し出しますが、威嚇しこちらを睨みます。この悲しい姿が人間不信を物語っています。

出典 https://www.youtube.com

小さなぬいぐるみを使って気をひこうとしますが、捨てられたことによって心に大きな傷を負った元気くんの警戒心が解かれることはありません。

出典 https://www.youtube.com

元気くんは、ますますゲージの奥の方へ引っ込んでしまいます。そんな元気くんに根気よく名前を呼び続けるスタッフ。なんとか元気くんに「人間もそんなに悪くないもんだよ」ということを知ってもらいたい、心の傷を癒したい一心です。

出典 https://www.youtube.com

撫でさせてくれました!まだ、身体は強張っているものの撫でることを許してくれた元気くん!

出典 https://www.youtube.com

撫でさせてくれた元気くんに向かい今度はゲージの外から呼びかけます。

出典 https://www.youtube.com

スタッフ達の想いが通じたのか元気くんが近づいてきてくれました!感動の続きは動画でご覧下さい。

飼育放棄された犬が心を開いた瞬間です!!

出典 YouTube

大好きな飼い主に捨てられた元気くんがスタッフに心を開いた瞬間は涙がこみ上げてきました。自ら近寄り「本当は寂しかった・・・もう一度人間を信じてみるよ」と言っているようにも感じました。スタッフに抱かれている元気くんに「人間を信じてくれてありがとう」という気持ちになりました。

犬は飼い主さんに一生を誓い何があっても裏切ることをせず、傍に寄り添ってくれます。人間の勝手な都合で犬の運命を狂わす行為は許すことはできないと思います。飼い主さんも共に暮らせなくなる事情はあるのかもしれません。しかし、他の飼い主さんを探すなり、犬の第二の人生を幸せなものにしなくてはいけない責任があると思います。

犬を飼うということは、「ペット」ではなく、新しい家族が増えるということ。ただ単に可愛いペットではありません。家族と同じように、大変なことがたくさんあります。経済的負担ももちろんです。そして、人間同様、犬も歳と取れば体が動かなくなったり、認知症になったりもします。

可愛いから、寂しいからという理由で飼う人もいるでしょう。それはそれで構わないと思います。けれど、最後まで責任を持つ覚悟は必要だと思います。元気くんのような心に大きな傷を負わせることがないよう。これ以上、不幸な犬達を増やさないよう犬を飼う、家族を迎え入れるということがどういうことかよく考えて頂ければ幸いです。ご訪問ありがとうございました。

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら