今回はネットで見つけたオシャレな「万年カレンダー」をご紹介したいと思います。フルハンドメイドの作品や100均素材で作った物、かなりヴィンテージな品まで、色々幅広く集めてみました。

マグネットボードで男前

まさにシンプル・イズ・ベスト、とっても男前な素晴らしい作品です。

アップされた方いわく、自分で英数字の配列を作り(パソコンで?)それをコピー(プリンター用紙に出力?)して厚紙に貼り、裏にマグネットシートを貼り付け、元々マグネットボードに成っていたご自宅の壁に配列したそうです。

でもコレ、紙に全然見えないですよね。微妙な色加減をよほど丁寧に再現しないと「こんな質感」は出ないと思いますし、この抜群のデザインセンスには本当に脱帽です。

日めくりな男前

コレもイイ!この白く古びたレトロ感が凄いですよね

これはネットで見つけた万年カレンダーの無料素材を、ただ出力して厚紙に貼り、背景の黒いボードは100均のキャンドゥで売っている「まな板ボード」にフックを付けて「曜日」と「日付け」を配置して、最後は麻ひもを取り付け、壁に吊るして出来上がりみたいです。

四隅の金属の金具(100均)がまたイイ仕事をしていて、ご自身でヴィンテージ加工をしているみたいですが、とにかく「全体の完成度」が高く、とても素晴らしい作品だと思います。

アイアンメッシュな男前

素晴らしく男前な作品で、アイアンメッシュを効果的に利用し、とてもクールに仕上がっています。こちらは希望すれば購入する事も可能な品の様です。

白い荒壁に良く似合いますね。こういうモノトーンのザックリとした雰囲気が、男前アレンジの醍醐味です。

スチームパンクな味わいのあるダイヤル式:縦

コレも良い感じだなぁ。。。欲しい。。。

アップされた方いわく、骨董市でたまたま見つけて手に入れた品だそうで、多分職人さんの手作りなのでしょうか。この長い年月を経た、味わい深い佇まいと、自然に醸し出される「スチームパンク」っぽい雰囲気が、本当に溜まりません。

黒くて渋いダイヤル式:横

これもイイ!海外のサイトで発見して思わず載せてしまいました。

これはアメリカにあるパーク・シャーマンという会社の横型デスクカレンダーで、たぶん戦前か、戦後間もない頃に作られた製品だと思います。

この鈍く黒びかりした渋い重厚感、全体に広がるサビ具合、こういう品が1つお部屋に飾ってあるだけで、グンとオシャレ感が増すと思います。

セメント風

デザインセンス抜群ですね。カレンダー本体は下記の「雑貨マルシェ」という卸問屋さんで手に入るみたいですが、左上の意味深な英文に、ゴーグル風の瓶底メガネなど、ちょっとスチ—ムパンクっぽい、セメント風な男前アレンジがオシャレです。

ボトルキャップで

イイ感じです!

子供さんの夏休みの宿題をお母さんが手伝いながら、飲み物のボトルキャップなどを利用して作られたそうですが、この貝殻をあしらった全体的なデザインと、ポップな色彩センス、かなり素晴らしい作品だと思います。

王冠で

コレもかなりシンプルなんですけど、この色の配分と配置が凄くイイですね。

王冠に手書きで書かれた数字の色、文字の色、背景色、風船や傘のマーク、それぞれのパーツが混然一体となって、見事に1つの作品にまとまっています。

この記事を書いたユーザー

aki_5555 このユーザーの他の記事を見る

ジャンルにこだわらず、自分が面白いと思った事を発信したいと思います。
猫好きでオス猫(写真の猫)を1匹飼っています。

twitter  https://twitter.com/sanada748
Google+ https://plus.google.com/110154676706611099251

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス