出典 http://www.carsensor.net

▲オーナーのエミリーさんは、これでイケアに行ったりするそうです

車が先かアートが先か、芸術は爆発寸前です!

街中で自分と同じ車とすれ違って、気まずい感じになることってありませんか? 車を洋服や時計と同じように個性の一部だと思っている人なら、この気まずさ、わかってもらえるはず。

今回は、そんなバッドフィーリングを根底から吹き飛ばすアートカーたちをご紹介します。世界にはアッと驚くような「車好きが高じて、人生そのものを車に捧げてしまったような方々」がいらして、マイカーをこのようにドレスアップするのなんて、ためらいの欠片もありません。

まずは、バッドフィーリングどころかコモンセンスさえ吹き飛ばされそうな1台。上の写真はオランダの画家「ピエト モンドリアン」のシンボリックな意匠をドアミラーやピラー、ホイールキャップにまでフルコピーした作品です。

これなら、絶対に同じ車とすれ違うことはありません!

次は、スコットランドの伝統的なプラッド柄がモードな雰囲気を漂わせるアメリカンマッスルカー。ベース車両は85年式のビュイック。といいつつ、ベース車両が何かなんて、この際どうでもよいですね。

出典 http://www.carsensor.net

▲同じ格子柄でも、小さな柄をチェックといって、大きな柄をプラッドというそうです

いやもう、下の71年式のキャデラックは原形さえとどめていません。

出典 http://www.carsensor.net

▲このままディズニー映画に出てきそうな迫力があります。立駐には絶対入りませんね……

よくよく見ると、ビートルらしきものがルーフに乗っかっています…。テーマは「カテドラル」。聖堂ですね。もはや天使が光臨してくる雰囲気ではなくなってますが…。

こうした芸術と車が融合したアートカーという分野、実は40年もの歴史があります。そのハシリがBMWであり、1975年にはアメリカ人アーティストのアレクサンダー・カルダーがBMW 3.0 CSLをベースにBMWアートカー第1弾を完成。以来、選りすぐりのアーティストたちから17作品が世に送り出されています。

ちなみに日本を代表して加山又造氏もアーティストのひとりとして名を連ねています(1990年)。

そんな中でも別格の扱いを受けることになったのが1979年のM1! こちらはアメリカンポップアートの巨匠、「アンディ ウォーホール」が直にペインティングしたものです。

出典 http://www.carsensor.net

▲M1の製作を担当したのは、あのランボルギーニ

ベースマシンのM1は合計500台も作られなかったこともあり、現在プレミア街道まっしぐら。今や数千万円でも手に入れるのが難しくなっています。そこへウォーホールですから、価格はあってないようなものですね。

最後に、他にも作品をいくつか紹介しておきます。

大爆発している芸術センスをご覧くださいませ!

出典 http://www.carsensor.net

▲おわかりいただけるだろうか……。無数の顔のようなものが…

出典 http://www.carsensor.net

▲その発想はなかった……

出典 http://www.carsensor.net

▲ピクサー映画に出てきそう! かわいいしオシャレですね!

【関連リンク】
Art Car Agency

あわせて読みたい「車×アート」

この記事を書いたユーザー

日刊カーセンサー このユーザーの他の記事を見る

日刊カーセンサーは、中古車だけでなく新型車やドライブ、カーグッズ、レース&イベントなど幅広いジャンルの情報・ニュースをお届けするエンタメ系自動車サイトです。面白くて役に立つネタを全力で配信しています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス