2015年9月13日に公開されたばかりの最新ドキュメント映像、親と子のそれぞれの思いを描いたトヨタ ウェルキャブスペシャルムービー「親子に同じ質問をしてみた」篇をご紹介します。

子供の頃はあんなに素直に甘えられたのに、大人になり、親元を離れると、どこか気恥ずかしく、ゆっくり話をする機会も減るもの。

娘と並び、どこか恥ずかしそうなお父さん、母と並び、そっぽを向く息子…。

5組の親子の姿が登場します。普段、離れて暮らす親と子に、本音を語ってもらいましょう。

親子に同じ質問をしてみました

どのくらい連絡を取り合っているか?という質問に「私の方ばかりで、送ってもなかなか既読にならない」と寂しそうに話すお母さん、

一方、娘は母からのメールが面倒な様子…。メールを見るのは、10日後くらいなのだそう。

「どのくらい思い出しますか?」

娘のことを「思い出すというよりもその…毎日…メールがきてないか確認しますので、毎日ですよね」とお父さん。

いつも娘さんのことを考えているという優しい思いが伝わってきます。

一方、娘さんはというと「週に2回くらい」だそう。

お父さんは、毎日娘さんからのメールを待っていますよ…!

「お互いにもらった思い出のものは?」

「お父さん、いつも仕事してくれてありがとう」と書かれた手紙を娘さんからもらったのが嬉しくて、会社のかばんの中に入れていたというお父さん。なんとクリアファイルに入れて大切に持ち歩いていたようです。

同じ質問を娘さんにもしてみました。すると…

「何もらったかな?」と記憶が曖昧なようです。

「家を出た時どう思いましたか?」

子供も大きくなり、いつかは親元を離れていきます。子供が立派に成長した様子は嬉しいようなさみしいような…。

「自分でもなんでこんなに泣くんだろうというくらい大泣きした」というお母さん。

息子さんもお母さんが一生懸命準備してくれたことを覚えていました…!

そして…

親の回答VTRを子供たちに見てもらいました。

すると…

初めて知る親の子供に対する想いの強さ。

子どもたちは皆、目に涙を浮かべながら、親の優しい言葉に耳を傾けます。

親の想いに気づいた時…

心温まる動画はこちらから。ぜひ、ご覧ください。

出典 YouTube

「愛されてる分だけやさしさで返そう 感謝したい気持ちをのせて」。そんな言葉で締められたこの動画。いつでも会える、連絡は面倒だから今度にしよう…なんて思ってはいませんか?

あなたを想うその大きくて温かい愛に気づいた時、きっと両親の顔が見たくなるはずです。

この記事を書いたユーザー

きなこ このユーザーの他の記事を見る

元雑誌編集者。WEBについて勉強中です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス