「失敗は成功のもと」とは言いますが、人には絶対に失敗したくない決断のときがあります。今回は、後悔する前にすみずみまでチェックしておきたい、失敗を未然に防げるものを、そのエピソードとともに紹介します。

1. 結婚相手の家族

Licensed by gettyimages ®

「恋愛」とは違い「結婚」はお互いの両親との関係が重要になってきます。相手の両親とは、今後何十年も一緒に「家族」として過ごしていかなければなりません。相手の両親と自分の相性はどうか、両親の前での相手の対応はどんなものか、相手から家族の話を聞いたときや、実際に挨拶などで会ったときにはかならずチェックしておきたいポイントです。

子ども(赤ちゃん)の前でもタバコを容赦なく吸う義父母。車内でも吸うし、子どもを連れている自分はいつもイライラ。子どもに自分たち(義父母)と同じスプーンとかで食べさせるのもいや。いい人たちなんだけど、自分の常識とここまで違うと…正直、離婚したくなっています。(34歳・主婦)

元夫の実家は自営業をやっていたのだが、途中で経営がうまくいかなくなった。けれど、セレブ生活が忘れられない義母はブランドものがやめられない成金女。借金を繰り返し、ついには夫は義母の保証人に。元々マザコンの気はあったんだけど…。もちろん離婚しました。(44歳・医療事務)

出典編集部調べ

一見裕福に見えた夫の実家も、フタを開けてみれば…。結婚はかくも難しいものか。

2. 家の周辺環境

Licensed by gettyimages ®

ネットで簡単に部屋を探せるようになった昨今ですが、家を決めるときにはその部屋のだけでなく、周りの環境もしっかり見ておきたいもの。近くにスーパーや小学校はあるか、街灯は充分に足りているか、近所の住民はどんな人たちか。できれば日中と夜、両方の時間訪れてチェックしておきましょう。

今住んでいる家の周りのスーパーがイケてない。品揃えが少なくて、結局自転車で家から離れたところまで行っている。引っ越す前にスーパーの中までチェックしておけばよかった!(30歳・一般事務)

隣の部屋の人が、騒音に敏感なかなりやっかいな人。後から知ったんだけれど、自分の部屋は、他の部屋に比べて回転率が早かったみたい。失敗した〜!(26際・会社員)

出典編集部調べ

やっかいな隣人には要注意!スーパーのクオリティも大切です。

3. 旅先の宿泊先のレビュー

旅行の際に注意してみてほしいのが、ホテルや旅館のレビュー。ネット上には様々な口コミサイトがあり、実際に宿泊したことのある利用者だからこそ分かる細かい点などもそこでチェックすることができます。旅行先で、心から満足出来るホテルに宿泊することが出来れば、より充実した時間を過ごせるでしょう。

泊まった旅館の食事の量が少なくて、夜中にお腹が空いた。しかも、売店や自販機の数が旅館の規模に対して少なくて、めちゃくちゃ不便だった。(34歳・アートディレクター)

パリ旅行に行くときに、おしゃれなホテルを見つけて、安いしいいやーと思って決めたのだけれど、実際に行ってみてがっかり。ホテル周辺の雰囲気はガラ悪いし、シャワーはお湯でないし。見た目だけで決めちゃだめですね。(27歳・編集)

出典編集部調べ

意外に掃除が行き届いてなかったり、施設が不十分だったり。レビューを隅々まで見ることで、どんなホテルかわかりそうですね。

4. 職場の雰囲気や福利厚生

Licensed by gettyimages ®

会社務めにしろバイトやパートにしろ、給与や仕事内容だけで仕事を選ぶのは危険です。一緒に働く人はどんな人か、給料は上がりやすいのか、有給は取りやすい環境なのか、福利厚生はどんなものかは勿論チェックしたいポイント。他にも、働いている人の構成はどんな感じなのか、会社の経営状態はどうかもしっかり見ておきましょう。

初任給の高さにひかれて入社した今の会社ですが、実際は見込み残業込みの超ブラック企業でした。終電で帰れることはまずありません。辛い…。(26歳・IT企業勤務)

「アットホームな会社」と広告文句でうたわれていた前の職場。お局が取り仕切っていて、彼女の意見に反する人に対しては排他的な全然アットホームじゃない会社だった。(28歳・出版社勤務)

出典編集部調べ

求人広告のうたい文句には要注意。

5. 中古車のスペック

Licensed by gettyimages ®

お得にカーライフを楽しもうと、安い中古車を買っても、修理費がかかってしまったり、すぐに買い替えを考えなければならないようでは意味がありません。致命的なキズはないか、内装に問題はないか、整備はしっかりされているか、事故車ではないか、走行距離がいきすぎてないか、事前にしっかり確認しましょう。

中古車だしちょっとのキズはいいやと思ってたんだけど、実際に届いてみてがっかり。説明にないキズがあるし、ボンネットやドアの付け根にも汚れがありました。車自体には満足してるけど、嫌な気分になった。(31歳・営業)

買ってすぐにクラッチがすべった。修理代がバカにならない!(33歳・IT企業勤務)

一見きれいな内装だったのだけど、よく見るとシートの細かい織り目に動物の毛が。これは気づかなかった…。(29歳・編集)

出典編集部調べ

中古車で失敗したという人は案外多いかも…。

そんな失敗を防ぐために…ガリバー初の画像販売システム

購入時の不安を解消するために開発されたのが、中古車販売店がリバーの画像販売システム「ドルフィネット」。車両の画像や基本データはもちろん、過去の修復歴や小さなへこみに至るまで、傷の有無や詳細な情報が確認でき、内外装をSS〜D評価によりトータルな当該車の価値を知ることができます。

そして、そんなドルフィネットが更に進化。空間写真アプリ「Fyuse」とコラボレーションし、写真をフリックすると360度、様々な角度からその車を見ることができるようになりました。

動画でご覧ください

出典 YouTube

実際に店頭で見なくても、これなら車を隅々まで確認できそうですね。

Licensed by gettyimages ®

いかがでしたか。しっかりチェックしなかったばかりに、こんな失敗があるんですね。特に、結婚や車の買い替えなど大きな決断をするときは、念には念をいれた事前チェックをして、本当に自分にあったものを手にいれてくださいね。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス