富士山頂でドローンは飛ぶのか!?

「ドローン元年」とも呼ばれる今年2015年は、運輸・物流・測量調査など幅広い分野でドローンが活躍するきっかけの年となりました。5月には初めてのドローン展示会である「第一回国際ドローン展」も開催されました。

ドローンが悪いことに使われ問題になった年でもありますが、私たちは3年前からドローンを空撮で使い、様々な美しい風景を撮影してきました。

被写体として富士山を取り上げたことはたくさんありますが、それは富士山周辺の湖からだったり、クルマで行ける五合目付近からのものばかりでした。今回その集大成として富士山頂からのドローン空撮に挑戦してきました。

過酷な登山をしなくてもドローンなら上空まで行けるのでは、と思う人もいるかもしれませんが、そもそも一般的なドローンの飛行時間は10~15分程度。

標高2300m付近(五合目)から3776mの頂上まで飛ばそうと思うと、1400m以上上昇しなくてはならず、往復の時間を考えても行ける範囲は限られてしまいます。

そもそも目視できる範囲で飛ばさなくてはならないので、やはり富士山頂を空撮するためには富士山に登頂せざるを得ません。

まずは機材選びから

登山することを考えると、小型のドローンの方が装備を軽く小さくすることができるのですが、軽いと風に流される危険性があるので、ある程度重量があってパワーのあるドローンでなければ、富士山頂の過酷な条件下では操縦できません。

また、より綺麗な映像を撮影するためには、高性能なカメラを搭載できる大型のドローンが望ましいのですが、逆に登山そのものの大きな負担になってしまいます。そのため今回は、最初から4Kカメラを内蔵しているオールインワン型・中型ドローンを選択しました。

カメラを後付けで取り付けるタイプのドローンよりも、メーカーがきちんと空気抵抗や重量バランスを考えて設計しているオールインワン型のものの方が、過酷な条件下であってもより安定した飛行が期待できるのではないかと考えたからです。

ドローンを担いで人生初の富士登山に挑む

もともと私たちはインドア派のIT系クリエーター。小学校の林間学校以来、登山なんてしたこともないし、しようと思ったこともありませんでした。

ドローンを飛ばす、という目的がなければ富士登山なんて考えもしなかったろうと思います。トレッキングシューズや登山用の杖(トレッキングポール)を購入するところから始め、富士登山に必要な装備を一通り揃えた上でチャレンジしました。

当日、富士登山道はマイカー規制のため、麓の公園の駐車場にクルマを停めてシャトルバスで5合目へ向かうことになりました。高山病予防のために6合目の山小屋で一泊し、翌朝出発することにしました。

午前3時起床、3時半出発。途中7合目あたりでご来光を迎えました。

ドローン本体と予備のバッテリー及び送信機、モニター用のiPad miniを専用のハードケースに入れると、だいたい15kg程度になります。

ケースに取手はありますが、肩紐などはついていないので、とてもではありませんがこの状態では登山は不可能です。そのため、本格的な登山用の背負子を用意し、これにケースをくくりつけて登山をしました。

人生で初めての富士登山。しかも15kgの機材を背負って登るのは、想像していたより何倍も大変でしたが、約8時間かけて富士山頂、頂上浅間大社奥宮にたどり着くことができました。

ドローン、富士山頂からの離陸

浅間大社でお参りし、飛行の安全を祈願したあと、早速ドローンの離陸の準備を始めました。

幸い山頂付近は晴れていましたが、風は予想通り強く、iPhoneの風速計で計測すると平均5~7mくらいでした。小型のドローンでは間違いなく風にあおられ、最悪ロストしてしまうことも考えられます。

今回持っていったドローンは、スペック上最大約20m/秒で飛行できるので、平地であれば十分対抗できる風速なのですが、ここは富士山頂、気圧が通常の2/3程度しかありません。

つまり、その分揚力が減退してしまいますが、計算したところ、それでも風に対抗できるだけの速力は保持できると考えました。

あとは離陸ですが、平らなところで、なるべく人目につかず、他の登山客の迷惑にならないような場所を選びました。風があるので離陸時に周辺の障害物(岩など)にドローンのローターが接触しないよう注意しました。

果たしてドローンは飛びたてるのか?結果は次の動画をご覧ください。

出典 YouTube

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス