ポジティブ思考を卒業します!

私は今まで何事もポジティブに考えるポジティブ思考の持ち主でした。

でも、そろそろ”ポジティブ思考”から卒業しようかなと考えています。

なぜなら、ネガティブになっているときに、ポジティブになろうと思っても
無理が生じるからです。



今私が目指しているのは、

ポジティブ思考でもなく、ネガティブ思考でもない

”ゼロ思考”です。

「ゼロ思考」って何?

”ゼロ思考”とは、プラスでもマイナスでもなく

ただあるがままを事実として受け止める思考です。

目の前にリンゴがあるとします。

これをポジティブ思考、ネガティブ思考、ゼロ思考で考えてみましょう。


◆ポジティブ思考

”目の前に真っ赤なおいしそうなリンゴがある。このリンゴを食べると元気が出そうだな”


◆ネガティブ思考

”目の前に固そうなリンゴがある。もしかしたら毒リンゴかもしれないぞ”


◆ゼロ思考

”目の前にリンゴがある”


つまり、ゼロ思考というのはあるがままの事実をそのまま受け止めることをいいます。

事実と感情・思考と切り離してみる考え方
です。


まず目の前にある事実をあるがままに受け止めたあと、

どのような感情を持つかはその時の自分の気分次第です。


ゼロ思考をすると、常に自分の感情を客観的に見られるようになります。


目の前のリンゴを見て、目の前にリンゴがあることを認め、

そのあと、今自分がリンゴを見てどのように感じているかを

自分自身の心に聞いてみるのです。

『ゼロ思考』をすると、イライラすることが減ります!

ゼロ思考を心がけるようになってから、

自分の感情のコントロールが以前よりうまくなってきたような気がします。


たとえば、イライラしている人を見ても、

イライラが自分に移ることが少なくなりました。


「目の前の人はイライラいているだな」という事実を認めた上で、

「自分は目の前の人を見てどう感じているのだろう」

と自分の心に聴きます。


そして

「目の前にイライラになっている人を見ていやなんだね」
「そう、いやなの」

というように、自分自身の心と対話しています。

自分の感情に寄り添うと、

イライラしている人を見て嫌な気分でいる自分を癒やすことができます。



ゼロ思考は、ポジティブ思考をするよりも、難しい思考です。

でも、「ゼロ思考」が身についてくると、

以前よりもありのままの自分でいられて、

心の平安を保つのも楽になってきました。


あなたもポジティブ思考から卒業し、ゼロ思考を目指してみませんか?


この記事を書いたユーザー

ママ先生 このユーザーの他の記事を見る

元小学校の教師で、心理カウンセラー、PTA会長経験したママ先生が、あなたの中にいる神様を起こし、あなたのオンリーワンの才能を発掘し、育成し、自分の望む人生を歩めるようにサポートします!
【Happyいくじコーディネーター 親サポート専門】ママ先生 平田由里子

誰もが自分の中にいる神様を起こし、 ブレない自分軸をもち、 ”自分らしく生きたい!””楽しく子育て・自分育てをしたい!” という人をサポートすることをライフワークにしています。

私は大学卒業後、7年間東京で小学校の教師をし、専業主婦として二人の子育てをしています。

「子育ては自分育て」です。

小学校の教師としての経験、専業主婦として2人の子どもを育てた経験、心理カウンセラーとして電話相談員をした経験、ドイツで海外生活をした経験、PTA活動の経験・・・・私は20年以上子どもの教育に携わってきました。
子どもの教育に携わってきた中で、子どもの教育をよりよくしようと思ったら、まず子どもを育てる親のサポートをする必要があると感じています。現在は、子育てセミナー・ワークショップ、カウンセリングなどを通じて、多くの親のサポートを中心に活動しています。

だれもがはじめから立派な親なんていません。子どもと一緒に成長すればいいのです。

子育てのちょっとしたコツを知っていたら、誰もがにこにこ笑顔で子育てができるようになります。

20年以上教育に携わった中で得た子育て・自分育て知恵・ヒントなどを日々ブログで発信しています。

★ママ先生のHappyいくじ教室
http://ameblo.jp/kosodatenohinto

これからも、子育てをする親をサポートするために、今自分ができる最善を尽くしたいです。
どうぞよろしくお願いします。

【Happyいくじコーディネーター  親サポート専門】  ママ先生 平田由里子


リンク♡ http://ameblo.jp/kosodatenohinto/

リンク♡ http://mamasensei.info/

得意ジャンル
  • 育児
  • 恋愛

権利侵害申告はこちら