ファッション、映画、コスメ…。フランスへの憧れは膨らむばかり…。

Licensed by gettyimages ®

まだフランスに行ったことが無い方や、初めてフランスに行った方は、良いイメージでいっぱいだと思います。ですが、フランスをもっとたのしむためには、最低限の知識と危機管理が必要。

今日はそのポイントを説明します。事前に分かっていると、フランス滞在がよりたのしくなりますよ。

フランスのニースは、治安が良いとは言えません。

Licensed by gettyimages ®

ニースという響きのせいか、治安が良いと言われがちなニースですが、ニースにはスリが居ます。美しい街並に気を緩めずに、自分の荷物は肌身離さず持ちましょう。

カンヌにも、スリは居ます。

Licensed by gettyimages ®

ニースほどではありませんが、カンヌにも居ます。しかも、どこに居るのかが全然分からないのです。私たち日本人、観光客はもっとも狙われやすい立場にありますので、不用意にきょろきょろせず、堂々と歩きましょう。

また、カフェ等でテーブルにスマホを置きっぱなしにしていると、その場に自分が居たとしても、盗られてしまうこともあるそうです。

ニース空港でも、荷物からは絶対に目を離さないこと。

Licensed by gettyimages ®

空港内や空港の駐車場でちょっと目を離した隙に、スーツケースが盗られることも珍しくありません。フライトを終えて、荷物を探しに行くときも、自分の荷物から絶対に離れないようにしましょう。

ファッションには注意しましょう。

Licensed by gettyimages ®

ミニスカートにニーハイブーツ。日本ではよく見かけるファッションも、ヨーロッパでは娼婦と勘違いされることも…。

勘違いで済めばまだ良いですが、それで危険な目に遭うことも考えられます。身を守る上でも、滞在国で誤解を与えないファッションを心がけましょう。

高級ブランドやパーティ等、その場に相応しくないと判断されたら、入れないこともあります。

Licensed by gettyimages ®

これは、人種差別ではありません。

日本では高級ブランドであっても「お客様は神様」と言う考えのせいか、ほぼどなたでも入ることが出来ますが、特にヨーロッパではそうはいきません。お店に入ってスタッフと目を合わせない、挨拶をしない。また、その場に出入りするに相応しくない態度や服装の場合は、入れないことも充分に考えられます。

そのルールを知らずに「差別をされた!」と話す方も居ますが、そうではありません。「来て欲しい人をもてなす」のは当たり前のこと。逆に言うと、ブランドやパーティの世界観に相応しい方は、良い扱いをしていただけるものです。お出かけの際は美しい服装、態度、所作を心がけましょう。

コンビニや自動販売機は、身近なところにはありません。

Licensed by gettyimages ®

フランスに滞在した時、コンビニや自動販売機は見かけませんでした。

もし自炊をする場合はスーパーマーケットやマルシェに行きましょう。また、日曜・祝日はスーパーはお休みのところが殆どです。日本のように治安が良い場所ばかりではありませんので、必要なショッピングは日中のうちにすることをおすすめします。

待ち合わせ時間より少し遅れて行きましょう。

Licensed by gettyimages ®

フランスでは、待ち合わせの時間通り、もしくは時間より早くに行くことは失礼だとされています。特にホームパーティ等では、定刻より早く行くと「準備ができていない」ということも…。

例えば、20時に待ち合わせの場合は、20時半頃に行くのが良いでしょう。

接客は、待たされて当たり前。

Licensed by gettyimages ®

日本ではひとりのスタッフが複数のお客様を同時に接客する姿をよく見かけますが、フランスでは「ひとりのお客様にひとりのスタッフ」が対応します。

つまり、全てのスタッフが対応中の場合は、お客様が帰られるまでは待つ必要があります。待たされた=差別された。ということではありません。

日本とは異なるサービススタイルを充分にたのしみましょうね。

この記事を書いたユーザー

山本明日香 このユーザーの他の記事を見る

講談社:VoCE読者ブロガー「VOCEST」3期生。スワロフスキーアーティスト。ヨガ、ストレッチを中心としたボディメイク、ヨーロッパのファッション・ライフスタイルなどを発信するのが得意!ダイエット検定1級取得。Webライティング能力検定1級合格 ◆美容ブログ:http://ameblo.jp/asukaproduce/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス