人間は誰でも夢を見ます。哀しい夢もあれば、怖い夢も。でも、出来るなら、楽しい夢を思い通りに見てみたいですよね。そんな「自分の意思で思い通りに夢を見られる」経験をしたいと思いませんか?それが「明晰夢」です。

明晰夢とは?

明晰夢とは、夢を夢であるとはっきり自覚した状態で見る夢のことを言います。普通、人は夢の中で「これは夢だ」とは思いませんよね。でも、たまに「あれ?なんだかおかしいぞ?これは夢じゃないか?」と、夢の中で気づくことがあります。その状態が「明晰夢」なのです。

どうしたら明晰夢を見られるの?

夢を見ているときに「これは夢じゃないか?」と感じると、大抵の人は驚いてしまい、心拍数が上がり、目が覚めてしまいます。ここで目を覚まさないようになるには、まず驚かないことが大切です。驚かないようにするには、やはり「慣れ」が必要になってきます。明晰夢は、見れば見るほど慣れます。筆者もそうです。

どうすれば慣れるのか?と聞かれると非常に難しいですが、まずは夢そのものに慣れることだと思います。自分が見た夢がどんな夢だったか鮮明に思い出し、夢の日記をつけるなど。

まず、明晰夢で驚いてしまうのは、夢の「鮮明さ」です。あまりにリアリティのある映像なので、それだけで驚いてしまいます。その「鮮明さ」に慣れておけば、驚いてしまうという状況をなくすことが出来ます。

とりあえず飛んでみよう

明晰夢を見たら、オススメしたいのが、とりあえず飛んでみる事です。いきなりビューンと飛ぶのは難しいのですが、体をフワっと上空に浮かします。これはやりやすいです。その後、ス~っと前に移動します。気持ちよく飛べることに気付くでしょう。慣れてきたらスピードを増したり、前後左右に移動してみます。景色も一緒に移動しますが、それで驚かないで下さい。起きてしまいますから。

景色を楽しもう!

これは人によるかもしれないのですが、明晰夢で見る景色は驚くほどリアルです。まるで、この写真のように。だから上に書いたように驚いてしまい、起きてしまう事が多い。でも、慣れてくると、この景色を楽しむことが出来るようになります。夢の中のリアルな世界を楽しみましょう!あなたが動くと、自然と景色も流れていきます。

上級者は、会いたい人を呼んでみよう

これは本当に明晰夢上級者でないと難しいと思いますが、今会いたい人を夢の中に呼んでみましょう。目の前にドアがあったとして、そこを開いたらその人がいる・・・と思ってみます。私は何度も失敗していて(微妙に顔の違う人が出てきてしまったりする)いまだに成功出来ていないのですが、いつか出来ると思い明晰夢を見た時は試しています。

明晰夢には危険性もある・・・らしい

明晰夢を何度も見ている私ですが、明晰夢を意図的に見ようとすることには危険性もあるらしいので、お伝えしておきます。

まず、意図せず怖い方向に夢を向かわせてしまった場合、精神的ダメージが非常に大きくなる可能性があるということ。私の場合は、まだ「怖い明晰夢」というのを見たことがないため、これはちょっと感覚的にわかりません。

その次に、明晰夢というのは完全に脳が休んでいない状態であるため、睡眠の質に影響するのではないか、ということ。確かに完全に寝ている状態とはちょっと違いますので、脳が疲れてしまうというのはあると思います。

いかがでしたか?あなたも「明晰夢を見てみたい」と思いませんか?危険性はあるにせよ、精神的に悪い状態でなく、ほんの少しの時間で満足できるのですから、明晰夢を見ることは悪くはないと私自身は思っています。

まずは、夢を思い出し、夢日記をつけてみることをオススメします。

この記事を書いたユーザー

MILK78 このユーザーの他の記事を見る

食べる事と旅行する事が大好きな、好奇心旺盛ブロガーです。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • グルメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス