10代のLINEに使用している驚愕の時間が判明

最近、いつもスマホでLINEを触っている女子高生を見かける事が増えてきました。ひっきりなしに鳴る携帯に縛られて友達にメッセージを送りまくるのは大変じゃないんだろうかと不思議になる事がよくあります。

10代女性はほかの世代と比べ、SNSを長時間利用しているという総務省の調査結果がでました。休日1日のソーシャルメディア利用時間は、なんと10代の平均が95.0分だと言うのです。しかも、10代女性に限定すれば101.5分にもなる調査結果まで。10代のLINEの利用率は77.9%と、ほかのSNSと比べて圧倒的に利用頻度が高いようです。

LINEを使う時間が増えた事で・・・・

どうやら最近の女子高生はLINEに適応した生き方をしているらしいとネットで話題となっています。一日にLINEでやりとりする数があり得ないくらい多い分、ひとつひとつのメッセージが超簡略化され始めたというのです。

10代女子のLINE利用法を2015年8月26日放送のテレビ朝日系『女の体当たりサーチ番組 なぜ?そこ?』では、若者が集まる繁華街でインタビューをして調査していました。

2015年8月26日放送のテレビ朝日系『女の体当たりサーチ番組 なぜ?そこ?』の若者が集まる繁華街でインタビュー調査結果では
「了解」→「り」
「それってまじ?」→「そま?」
など、限界まで言葉を省略して使っているようなんです。

女子高生とLINEでの会話にはついていけない

他にも若者が使う略語がないか調べてみたところ、
「あーね!」→「あーなるほどね!」
「こちゃ」→「個人チャット」
「ぐるちゃ」→「グループチャット」
「しょんどい」→「正直しんどい」
「フロリダ」→「風呂に入るから離脱する」
「わず」→「~でした」
「とりま」→「とりあえずまあ」
「イチキタ」→「一時帰宅」
「tkmk」→「ときめき」
「ウーロン茶」→「ロン毛で茶髪の男性」
「てへぺろ」→「「てへっと笑ってぺろっと舌を出す」仕草」
「あげぽよ」→「『あげ』はテンションの上がり具合」
「バイブス」→「「ノリ」や「フィーリング」を表す言葉」
がでて来ました。が、まだまだ知られていない略語がありそうですね。いくつかわかりましたか?こんな会話にはついて行けないかも・・・・

また略語ではないが、連続で相手にスタンプを送りつける「スタ爆」という行為もLINEで流行っているようです。「スタ爆」は、構ってほしい時やLINEに気づいてほしい時にやるようです。Twitterで「スタ爆」を検索してみると、「LINEでスタ爆された」と、スマホのスクリーンショットを添付したツイートがかなりあります。

女子高生たちはなぜかトークが細切れで、長い文章は打たず、ほぼ文節ごとに送信しているようです。やりとりのスピードが上がれば上がるほど、トークが盛り上がるのだと思われます。最近のニュースなどでよく話題に上がる「既読スルー」や「未読スルー」は、実際にはあまり気にしていないようです。

ブロック大会やバトンで友だちの友情を確かめる!?

「ブロック大会」とは、その名の通り友だちを一斉にブロックするイベントのようです。LINEのタイムラインにブロック大会用の画像とともにコメントを投稿し、スタンプやコメントを付けてくれない人をブロックして行くとすると宣言するそうです。

「ブロック大会」は「LINEが重くなるから」という理由で行われているようですが、実際にLINEを軽くするには友だちの整理よりも「トーク」の削除が有効のようです。

オトナ世代にはmixiでお馴染みの「バトン」ですが、LINEのタイムラインでも使われているようです。友達からの質問に文章で答えて次の回答者を指名する形式や、質問を書いてスタンプの種類で回答を集めるアンケートがあります。

「ブロック大会」や「バトン」で友情を深めているようです。
思い返せば、90年代後半には女子高生を中心に「チョベリグ」(超ベリー・グッドの略)などの略語が流行り、流行語大賞にもなっていましたね。今回あげた若者言葉のいずれかが今後の流行語大賞となってもおかしくないのかもしれない。時代に乗って日本語も進化していくのでしょうか(笑)

おすすめ記事

この記事を書いたユーザー

takeshi このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • スポーツ
  • インターネット
  • エンタメ
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス