緊急時や災害時に、抜群の効果を発揮する“即席ランプ”の作り方。これまで、色々と紹介してきましたが…

今回紹介するのは、バターとトイレットペーパーを使った“即席ロウソク”の作り方でして、驚く程簡単に作れるうえに、燃焼時間もかなり長い…このバターロウソク。これは覚えておいて損はありませんよ!

用意するのは

■ バター
■ トイレットペーパー(キッチンペーパーでも代用可)
■ 爪楊枝 or 串

コチラの3点。では、早速ですが、作り方を説明していきます。

まずバターを半分にカットして下さい。

半分にカットする理由は、芯を入れやすくする為です。
(長いままだと、芯を入れる作業が若干面倒になります)

次に、トイレットペーパーを

5cmほどにカットし

紙縒(こより)を作る要領で…

芯を作ります。

あとは、作った芯を↑のように“釣り針”のような形にして

爪楊枝や串を使って開けた穴に…

押し込んでいけば

即席“ロウソク”完成です!

最後に、芯部分にバターを塗りつければ…点火準備OK!

ちなみにこの塊で、4時間は燃え続けるとのことです。では、今一度、動画にて…制作手順。ご確認下さい!

出典 YouTube

これは使える!

台所にある道具(キッチンペーパーを代用した場合)で、すぐに作れるこの即席ロウソク。これは、非常時や災害時に…きっと役立つに違いありません。

バター自体がそこまで安くないので、頻繁に作るのは難しいのですが、『ここぞ!』という緊急時に、活躍必至の『即席ロウソク』。是非、このライフハック…お役立て下さいね!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら