和食にも中華にも欠かせない薬味の生姜。
これからの季節は湯豆腐や豚汁に入れたり、手作りの生姜湯も良いですね。

ごつごつした形の生姜の皮むきが面倒に感じたことないでしょうか。
買う時にできるだけ剥きやすそうなものを選んだり、適当なところで折ってから剥いたり、食べられる部分もザックリ切ってしまったりしていませんか?
そんな方に朗報な、簡単な皮むきの方法をお教えします。

スプーンで解決

包丁をスプーンに持ちかえるだけです。
スプーンを生姜にあてて、こそげるようにすると簡単に皮が剥けていきます。
包丁だと皮が残ってしまいそうな場所も、スプーンの先などを使えば簡単です。
元々の生姜の形のまま、皮を剥くことができます。

保存にはすりおろしが便利!

なかなか大量には使わない生姜なので、冷蔵庫にしまってダメにしてしまう前に冷凍してしまいましょう。
すりおろして、ジップ付き袋などに平らにならして冷凍保存しましょう。
レシピに千切りやみじん切りと書いてあっても、すりおろしで問題ありませんが、
使い分けたい方は、輪切りや千切りなどに分けて冷凍してくださいね。

冷凍保存の具体例

出典 http://shimiyucco.exblog.jp

こんな風に入れて冷凍保存します。
冷凍後に使いやすいように、箸などで格子状にくぼみを付けておくとなお便利です。

いかがでしたか?

少し何かが楽になるだけで、料理がはかどり、気分も良くなりますよね。
生姜を使うときに、是非この方法を試してみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

satsuki このユーザーの他の記事を見る

文章を書く、読む、ロックな音楽、おいしいものなどが好きです。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 動物
  • 国内旅行
  • ライフハック
  • グルメ
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス