【妊活心理カウンセラーのコラム】夫婦間でのコミュニケーションについて考えよう!

出典 https://doctorsme-production.s3.amazonaws.com

「コミュニケーション」とは・・・

妊活に悩む方のお話を聞く中で「夫婦間でのコミュニケーションの取り方の問題」が出てくることがあります。

 ・仕事が忙しくて妊活についてあまり話し合いができない
 ・夫の帰りが遅くて夜は顔を合わせることがほとんどない
 ・休みの日も「妊活」の話をすると避けられるのでできない
 ・妻が顔を合わせれば「妊活」の話をするので、あまり2人になりたくない

など、そもそも妊活に対する温度差がある上に、仕事が忙しいなどの環境面のマイナス問題も合わさると、なかなか妊活の話はできないですよね。
こういう場合のコミュニケーションはだいたい「会話」を指していることが多いです。

ですが、「コミュニケーション」の手段は「会話」だけでしょうか?
その前に、そもそもコミュニケーションとは何でしょうか?

今回のコラムでは、夫婦間で良いコミュニケーションを取るために、ここから考えていきたいと思います。

≪まずは、自分の妊娠力を調べてみませんか?≫
1分で簡単チェック【妊娠しやすいカラダ度】を診断してみる

日頃から伝えたいことを伝え合うコミュニケーションをすることが大切

「妊活について夫婦で話し合いたい」
そう思った時、なんとか旦那を捕まえて話し合いの場を持とうとすると思います。
ですが、「まずは話し合いの席につかせよう」と相手を強要する気持ちがあるとコミュニケーションは一方通行となり、成り立ちません。

まずは、自分の意思を伝え、相手がどう思っているかを聞くこと
その時に、相手の言葉だけを待つのではなく、相手の表情や態度からどういう気持ちなのかを読み取ることもコミュニケーションの1つです。

妊活についての話を避けたいと思う男性は多いと聞きますが、よくよくお話を聞くと妻側のコミュニケーションが一方通行になっていることがよくあります。
夫婦で話し合いがうまくいかない時はどちらかが(もしくは、どちらも)コミュニケーションが一方通行になってしまっていることが多いです。

日頃から「コミュニケーションは双方向」ということを意識して夫婦間でのやりとりをすると良いです。
その方法として、今回は「Iメッセージ」「相手の感情を聞く」ということをご紹介します。

「Iメッセージ」とは、「私は○○だと思う」と主語を私(=I)にして相手に気持ちや考えを伝えることです。
私を主語にすることで自分の意見をきちんと伝える事ができますし、「これについてどう思う?」と聞くことで相手の気持ちや考えを聞くことができます。
この時に、相手の表情や態度なども一緒に見てより深く相手を理解する気持ちを持ちましょう

もし、「最近コミュニケーションがとれていない」「コミュニケーション不足だ」と感じているならぜひ上記を意識してみてくださいね。

≪すれ違いで心が疲れてしまっていませんか?≫
1分で簡単チェック【心のお疲れ度】を診断してみる

この記事を執筆した専門家

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス