Licensed by gettyimages ®

記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
二の腕の脂肪がおっぱいに変わったらいいのになぁ~、なんて思ったことはありませんか? 想像できないかもしれませんが、実は努力次第で可能なのです!
今回は、それを実現するための効果的なマッサージについて、医師に伝授いただきました。

大胸筋を鍛えてハリのあるおっぱいに!

Licensed by gettyimages ®

そもそもおっぱいは筋肉ではなく、脂肪からできています。

この脂肪からできたおっぱいを支えているのが、「大胸筋(だいきょうきん)」という筋肉です。つまり大胸筋を鍛えれば、しっかりとおっぱいを支えることができ、垂れないハリのあるおっぱいを手に入れることができるのです!

効果大! 大胸筋を鍛えるエクササイズ

Licensed by gettyimages ®

まずは、大胸筋を鍛えるエクササイズをご紹介しましょう。

STEP 1
背筋を伸ばし、胸の前で両手掌を合わせて、合掌のポーズをとります
STEP 2
ひじは直角に曲げ、肩のあたりまでの高さに上げていきます
STEP 3
息をゆっくり吐きながら、リラックスして両手のひらを押し合います

これを1回5~10セット程度を、1日3回行うことを目安に、自分のペースで行いましょう。毎日繰り返すことが大切ですよ。

≪大胸筋以外の筋肉もなまっていませんか?≫
1分で簡単チェック【運動不足度】を診断してみる

二の腕の脂肪をとろとろに柔らかくする

出典 https://doctorsme-production.s3.amazonaws.com

次に、二の腕マッサージで柔らかくした脂肪を、おっぱいの方向へもっていくという発想で、マッサージする方法です。

まず、脇の下には、リンパ節というものがあります。このリンパ節に向かい、リンパ管と脂肪をマッサージします。そうすることでリンパの流れがよくなり、脂肪内やリンパの周囲にある不純物がリンパ節に運ばれ、分解されます。そして、純粋な脂肪となり、柔らかくなります。
この、柔らかくなった脂肪をおっぱいの方向へ持っていくイメージです。

このマッサージで大切なのは、おっぱいの方向へもっていくべき脂肪を、間違って逆の方向へもっていかないようにすることです。

≪血行が悪いのは貧血が原因かも?≫
1分で簡単チェック【貧血度】を診断してみる

【医師からのアドバイス】

身体を温めた状態でマッサージをすることと、無理のないように、そして激しくせずに、リラックスしながら行うことが大切です。ぜひ実践してみてくださいね。気になる"おっぱい"のアレコレ…他のコラムもチェックしてみましょう!

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス