愛犬と飼い主は似てくる

よく、愛犬は飼い主に似るといいます。

①最初から自分と似た犬を選んでしまう(見慣れたものに好感を持つから)
②親族の顔に似た犬を選んで飼う(見慣れているから好感を持つ)
③飼い主の行動が影響を与えている(夫婦が似てくるのと同じ)

と、色々理由はあるようです。

そんな「愛犬と飼い主は似る」というところに目をつけたドイツを拠点に活動している写真家のイネス・オピファンティさんが、まずは犬の写真を撮り、その表情を真似た飼い主の写真を比較する写真を撮影し公開しています。

個人的に似ていると思ったものをピックアップ

いかがですか?

犬の表情に寄せていって撮影しているとはいえ、けっこう似ている人が多い気がしました。やっぱり「愛犬と飼い主は似る」というのは本当かもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス