海外旅行に持って行く荷物のパッキング作業。何を入れていけばいいか迷う時ありませんか?私も今まで散々迷ってきました。実際は要らなかった~ってものもあれば、持っていけば良かった~と後から後悔するものも。そんな私の実体験も元にしながら、「これは意外と持って行くと便利!」というものを、いくつかご紹介いたします。

南国に行くなら、虫除けを!

これは旅慣れている人にとっては当たり前といえば当たり前ですが、虫の少ない日本の都会にいると案外忘れがちです。南国では、超のつく高級ホテルでも、虫はつきもの。持って行くにこしたことはありません。

シャワーホルダーに差し込むタイプのハンガーフックが便利

現地で下着などを洗う場合、干す所に困ることがあります。バスルームにロープがついている部屋ならそこに干すことが出来ますが、これがないと面倒です。でも、今は100円ショップなどで便利なものが売ってます。シャワーホルダーにポイっと差し込むタイプのハンガーフックです。細長いので持って行くのにかさばりませんし、便利だと思いますよ。

買い物好きな方は、大きめのソフトバッグと南京錠

買い物をしすぎてスーツケースに収まりきらなくなっちゃった!という経験をした方はいらっしゃいませんか?しょうがなく手荷物で飛行機内に持ち込んだけど、重くて大変・・・とか。私は何度かそういう経験をしているので、荷物が増える予定のある時は、大きめで軽くて丈夫なソフトタイプのバッグと南京錠を持って行き、帰りに比較的安価なものを詰めて、スーツケースと一緒に預けることにしています。重量制限に引っかからない程度の重さにまとめるのがコツです。
ただ、預け荷物はロストバゲージになる可能性もゼロではないので、高額品は手で持つしかありません。

日本食が恋しくなるタイプの方は

私は日本食なしで大丈夫なタイプなのですが、そうでない人は結構多いようです。一緒に連れて行った家族が、現地食に飽きて何も食べられなくなってしまった、なんてこともありました。
そんな時に便利だと思う食料品が、こんぶ茶ミニ歌舞伎揚げです。こんぶ茶は温かいお湯に入れればいいだけのカンタンなお茶でありながら、日本のお出汁に似た味を楽しめます。歌舞伎揚げも、お米の風味がしますし、日本人が大好きな甘辛味。ミニサイズだったら割れる心配もありません。アジアに行かれる場合は特に必要ないかもしれませんが、欧米に行かれる場合は、あると便利です。

案外忘れそうな、腕時計

最近は「全部スマホで済ます」という方が増えていると思います。だから、普段腕時計なんてつけない、という方も多いのでは?私もそうです。
しかし、海外旅行先ではスマホの電池が切れたり、最悪の場合、すられたりすることも。スマホだけに頼るのは危険です。腕時計は出来るだけ持っていきましょう!現地だと、日本と違ってすごく高価だったりしますしね。

ソーイングセットと絆創膏は何かと重宝

女性なら当たり前の荷物かもしれませんが、男性は案外忘れがちな、ソーイングセットと絆創膏。どちらもいざという時に頼りになります。旅先でボタンが取れちゃった!ということ、ありませんか?(なぜか私はよくあります)ズボンに穴が開いちゃった!なんていう非常事態に陥ったことも。即座に着替えられないシチュエーションだったりする時は、おトイレなどにこもってソーイングセットでチャチャっと修繕可能ですね。
体の傷も、海外旅行の時に限ってつきやすいものです。靴擦れとか、切り傷とか。やはり出先だと絆創膏が便利。いろいろなサイズが入っているタイプがいいですよ。

潔癖なあなたには、除菌ウェットティッシュ

潔癖とまで行かなくとも、きれい好きな方には、断然、除菌ウェットティッシュが必要だと思います。日本のようにトイレがきれいな国というのは本当に少ないです。慣れてしまえばなんてことはないですが、そうでない場合は便器をきれいに拭いてから用を足したいもの。また、レストランでおしぼりが出るようなことも少ない為、食事前のお手拭きとしても大活躍してくれます。(画像のタイプは大きくて持ち歩けませんが、小さなものが薬屋さんで売ってます)

以上、持っていると案外役立つ海外旅行の持ち物紹介でした!もちろん、これ以外に必須な持ち物はたくさんありますが、その辺りは旅行会社などの「持ち物一覧」で確認してみてくださいね!

この記事を書いたユーザー

MILK78 このユーザーの他の記事を見る

食べる事と旅行する事が大好きな、好奇心旺盛ブロガーです。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • グルメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス