災害は予告なくやってくる…

災害というのは、突然やってきます。震災などの経験から、非常時に対する意識は随分と変化してきました。まさかのために用意をするなんて…と感じていた人たちも準備をするようになり、各自治体や避難所でもしっかりとした対策をとるようになりました。

非常用リュックや避難場所も注目を浴びるようになりましたが、家族間で災害にあった場合の話し合いはしていますか?

家族で決めておこう!待ち合わせ場所&避難経路

離ればなれになった時にまず、連絡をとる事が重要ですが、携帯電話など通信がマヒして連絡が取れない事態が想定されます。また、携帯電話をもたない子供や老人の事も考えなくてはなりません。

出典 http://j-jis.com

家族と連絡が取れなくなった場合、避難場所はどこにするなど事前に決めておかなければ落ち合うことが非常に難しくなります。

確実に、集合場所を決めておきましょう。

ただし、集合場所も複数決めておき、1番がだめなら2番、2番がだめなら3番という形にするのが望ましいでしょう。

避難用具は年に1回、見直しておこう!

■欲張らず、必要最小限に! 
あまり欲張りすぎると避難に支障を来すおそれがありますので、準備するのは必要最小限のものにしましょう。

■定期的に点検を! 
非常持ち出し品の中には、賞味期限や使用期限があるものがありますので、定期的に点検をし、必要に応じて新しいものに交換しましょう。

出典 https://www.city.niiza.lg.jp

欲張りすぎる非常用リュックは、かえって避難を困難にさせます。最小限のものを詰め込むようにしましょう。

保存食はもう古い?!普段から食品をローテーションさせよう!

普通の食材を10日分程度備蓄して、日常から古いものから順に使って補充していく。

出典 http://kawaii-torend.com

私は偶然これらを実践していた形だったのですが、自分が非常用リュックの管理をさぼりたいがために「パントリー」を作りました。

沢山ストックをしておくことで、買い忘れも防ぎますし、ひとつとりだしたら、次の買い物の時には取り出したものを補充しておくということを繰り返すことで、パントリーは充実したままです。

また、パントリー内に、大きな袋を置いています。いざというときに詰め込んで持っていけるようにです。

家族間で役目を決めておこう!

・用意していた非常用リュック(重たい)を運ぶのはお父さん!
・おじいちゃんとおばあちゃんは急いで外に出て、車のエンジンをかける!
・お母さんは非常食になりそうなもの袋に詰め込む。
・お母さんが詰め込んだ重いものをお兄ちゃんが運ぶ。
・妹はペット全員を捕獲後、キャリーバックに入れて車に運ぶ。

といった具合に、非常時の行動を誰が何をするのかをざっくばらんに決めておくことで、いざとなった時は意外と頼りになります。

誰が何をするのか?から考えるより、あらかじめ考えていたことを行動するほうが、すぐに動けます。

伝達方法を決めておこう!

あらかじめ家族間で話し合っていた通りに、何もかもうまくいくことは少ないでしょう。避難所さえも被害を受けてしまっては、問題が少ない地域に移動せざるを得ません。そういった場合は、家にメモを残す必要があります。

メモが風に飛ばされても、雨にぬれてもわかるようにしなければなりません。そういった工夫ができる「メモの残し方」を家族間であらかじめ決めておくことも大切です。

備えあれば憂いなし!無駄とも思える用意は、役に立つ!

震災以後、私は自分ができる範囲の用意を少しずつしてきました。食品庫を用意したところで最初は空っぽでしたが、少しずつ溜めることで問題の一つを解決しました。

いわゆるど田舎に住んでいますので、救助が必要になった場合は時間がかかるような場所であることを自覚しています。たとえ都会でも、都市機能がマヒし、スーパーが空っぽになったことも経験から、たくさんの備蓄品が必要だということは実感しました。

人間用であれば、様々なものが支援物資としてそのうち届くかもしれません。届きづらいものは、ペット用品です。それと、普段から飲んでいる常備薬・メガネです。薬やメガネというのは、支援物資として届きにくい品だと考えられます。

度が合わなくなって使わなくなったメガネでも無いよりマシです。非常用リュックの中に入れて、いざというときのために備えましょう。

▼関連リンク 小さなことから準備しよう!

この記事を書いたユーザー

Furou Break このユーザーの他の記事を見る

暮らしに役立つ記事を書くWebライターです。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら