記事提供:カラパイア

米オハイオ州立大学の研究者が、史上初めてほぼ完全な人間の脳を実験室で成長させたと発表した。
 
5週間の胎児の脳に似たミニチュア脳に意識は宿っていないが、発達障害の研究などに役立つ可能性がある。

また、脳の発達の初期段階においてすでにアルツハイマー病やパーキンソン病などの薬が作用する領域が備わっているために、そうした薬剤の開発にも利用できる。

消しゴム大の脳は、成人した人間の皮膚細胞から作成されたもので、これまで開発された中では最も完全な人間の脳モデルだ、と研究を行ったレネ・アナンド氏は主張している。

これまでの脳を成長させる試みでは、9週間の胎児の脳に似せたものが作られていたが、こうした「脳オルガノイド(原形質類器官)」は完全なものではなく、脳の一部の特徴のみしか有していなかった。

「私たちは完全な脳を一から育てることに成功しました」とアナンド氏。同氏のチームは、脳の多種多様な細胞と遺伝子の99%を再現したと主張する。また、脳には脊髄、シグナル伝達回路、さらには網膜まで備わっているそうだ。

倫理的な問題もないという。「脳にはいかなる感覚刺激も入力していません。この脳は一切の思考をしていません」

アナンド氏によれば、まず皮膚細胞をあらゆる人体組織になれる幹細胞に変換した。これを脳や中央神経系の様々な構成要素に成長するよう仕向けた特殊な環境の中で成長させた。

およそ12週間で脳は5週間目の胎児の脳レベルまで成長する。それ以上に成長させるには人工心臓など血管のネットワークが必要になるが、その開発には至っていないという。

ガーディアン紙のインタービューに答えた研究者たちは、アナンド氏は特許申請を理由にデータを公表していないため、評価することができないと話す。彼のチームが査読されていない研究をマスコミに公表したことに対して批判的な向きもある。

英ジョン・ラドクリフ病院のザミール・カーダー氏は、研究成果は凄そうだが、その影響については何とも言えないと話す。「飛び抜けた成果だというのにデータが公表されないのならば、注意しなければなりません」

同チームの主張が真実であれば、この技術は個人に合わせた医療に革命を起こす可能性がある。例えば、遺伝的な病気があった場合、その人の皮膚細胞から脳を作り、その結果を前もって知ることができるようになる。

また、様々な環境有害物質が脳の発達に与える影響を調査することもできる。発達の各段階における遺伝子の発現を確認すれば、環境有害物質が個々人に与える影響も手に取るように分かるだろう。

現在、研究チームが注力するのは脳を利用した軍事研究だ。開発した脳で心的外傷後ストレス障害などの影響を解明するのだという。

出典:RT
出典:theguardian
出典:METRO

権利侵害申告はこちら