横浜駅西口に本日9月11日、世界唯一の大型ホログラフィックシステムを採用した「DMM VR THEATER」がOPENします。

「DMM VR THEATER」とは?

本施設は、最新のサイネージ技術を駆使し、2015年時点で世界最高峰のホログラフィック演出を可能にするステージ機能を備えた、最新鋭のエンタテイメント・ステージ・システムを常設する劇場施設です。

当施設コンセプトは、原則として舞台上に生身の人間が登場しない“CG映像のみ”の公演を特徴としており、最新鋭の3Dホログラム技術により、往年の伝説のミュージシャンが目の前に復活する迫力のライブや、光を立体化させる幻想的なイルミネーションショーなどを楽しめるエンタテイメント劇場施設となっております。

出典 http://prtimes.jp

完成予定図

出典 http://prtimes.jp

多元レイヤーで構成されたペッパーズゴースト(視覚トリック)型ホログラフィック投影装置をステージ舞台とすることで、3DCGで制作された映像に物理的な奥行きを加え、あたかもそこに役者が存在するかのような錯覚を作り出す「手品的な」演出を行います。フルCGによる舞台演劇・歌劇といった唯一無二の新しいタイプの劇場です。

出典 http://prtimes.jp

ホログラムが立体的に見えるわけ

出典 http://prtimes.jp

ハーフミラー性能のスクリーンとLEDを用い、シースルー投影のテクノロジーにおけるそれぞれのメリットを最大限に活かしたパッケージとして組み上げ、まるで魔法の様なホログラフィック立体視を可能とします。実空間には存在しないキャラクター達がまるでそこに存在している様な錯覚をオーディエンスに与えるステージです。既に行われている、透過ボードや反射トリックを用いた既存の演出の、さらに二次元先のステージが常設舞台に設置され、幅広いフォーマットの公演に対応可能です。

出典 http://prtimes.jp

第一弾に登場するのは、あのカリスマミージシャン

hide

出典 http://www.hide-city.com

本名:松本 秀人(まつもと ひでと)
生年月日:1964年12月13日
出身地神奈川県横須賀市
死没1998年5月2日(満33歳没)

そのカリスマ性で多くのファンを魅了し、1998年に33歳の若さでこの世去ったX JAPAN(旧名X)のギタリストhide。現在もその人気は絶大です。なんと9月、10月はこのhideのライブ映像が上演されるのです!

葬儀には多くの参列者が

出典 https://tsukishima.wordpress.com

5月6日に通夜、5月7日に告別式が催され、両日はファンの献花を受け付け、連日ファンが大挙して押し寄せた。告別式にはTOSHI、TAIJIを含むX JAPANのメンバーをはじめ、親交のあった音楽仲間や業界関係者も参列した。告別式はテレビで生中継された。

出典 https://ja.wikipedia.org

今蘇るhideの勇姿

hide crystal project presents RADIOSITY

出典 http://hamakore.yokohama

・料金:5,000円 + 1ドリンク制500円
・公演時間:約60分
・公演日 
土日祝日
①10:00開場 / 11:00開演
②12:45開場 / 13:45開演
③15:30開場 / 16:30開演
④18:15開場 / 19:15開演
金曜祝前日
①16:30開場 / 17:30開演
②19:15開場 / 20:15開演

今回の上演では、彼の死後発売された「ピンクスパイダー」の映像が上演されます。彼の死によってライブで披露されることがなかった「ピンクスパイダー」が今3Dホログラムとなって、本人と共に目の前に蘇ります。

出典 YouTube

これは生前のライブ映像ではなく、実際に上演される3Dホログラム映像です。まさにそこにhide本人がいるかのように見えますね。ライブの他にprologue公演限定ドキュメンタリー映像が流れる予定とのことです。

今も色褪せないhideのカリスマ性

この記事を書いたユーザー

はなまる このユーザーの他の記事を見る

長野県出身の30代2児の父。ゲーム、アニメ、マンガ、スポーツ、夢の国が好きです。
時事ネタやエンタメ、サブカルからオタクネタまで自分が気になったことを発信していきたいと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス