A4用紙(290mm×210mm)を“9000枚”使用し制作された…等身大の孫悟空。これがあまりにも凄かったので紹介したいと思います。

ドラゴンボールの大ファンである、韓国のブロガー“sinsis”さんが制作したこの孫悟空。海外のファンサイトで公開されている3Dの図面を、等身大に置き換え、自宅にあるインクジェットプリンターで印刷。そして、一枚一枚、丁寧に貼り付け完成させたモノなのですが、特徴的な髪から、筋肉の質感。またボロボロの服まで…驚くほど完璧に再現されています。

近くで見ても、その完成度の高さに驚きを隠せない…等身大の孫悟空。なお、制作時間は不明ですが、費用は2万ウォン。約2000円で完成したとのことです。

では、等身大ではないものの、驚異のクオリティで制作されたドラゴンボールのキャラクターたち。一挙にご覧下さい。

『亀仙人』

『クリリン』

『ベジータ』

『チャオズ』

『魔人ブウ(無邪気)』

『魔人ブウ(悪)』

『人造人間17号』

『人造人間18号』

デフォルメされたキャラクターたちも素敵すぎる!

『人造人間16号』

『セル』

『ミスター・サタン』

『ピッコロ』

『フリーザ』

『ダーブラ 』

『クリリン&人造人間18号』

いかがでしたか?

驚きのクオリティで制作されたドラゴンボールのキャラクターたち。卓越した技術も然ることながら、9000枚の紙を印刷、そして貼り付けるという、修行のような作業を行った“sinsis”さんの…類まれなる忍耐力。これはもう“天晴れ”としか言い様がありませんね。

ドラゴンボール愛を感じる…凄すぎるペーパーアート。まだまだ紹介しきれていない作品もたくさんありますので、興味を持った方は“sinsis”さんのHP。覗いてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス