台風一過の富士山周辺で、とても神秘的な光景がたくさん写真に収められていて、多くの人がTwitterに投稿しました。

何これ凄い…

とても神秘的ですね。

なにこれ…凄い…

二重三重に架かってる??

ええ、凄いです…。

豪快ですね。

今朝も…?「も」ってことは…

9月9日も同じような現象が起こってたみたい

きれいですね。

とても絵になります。

すご…

うん、ラピュタだ。

半分以上埋もれてる…

麓の景色も素敵です。

まさに「笠」雲ですね。

どの写真も幻想的で、本当にラピュタが現れたのかと思う程ですね。

笠雲っていったい何?

菅笠 Sedge hat
by "KIUKO"

これは「笠」

笠雲とは、太平洋からの湿った暖かい風が山にぶつかって上昇し、冷やされることで発生する雲のことです。

その高層雲が次第に厚くなって出来るので、山に沿って雲のふちがハッキリしてくるときれいな笠の形になるようで、今回の富士山の笠雲がまさにそんな感じですね。

「富士山が笠をかぶれば近いうちに雨」という天気俚諺があるくらい天気予報にも活用されているんだとか。

ただ、上空では山岳波(乱気流)と呼ばれる現象が起きていて、航空機事故につながる危険性があるので結構危ない雲なんだそうです。

あまり近付きすぎないように気を付けましょうね。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス