人々に彼女が求めたもの。それはハート。一体どういうことでしょうか。

マーケットで突然服を脱ぎだす女性

出典 https://www.youtube.com

8月末の土曜日、アイダホ州ボイジーで開かれていたマーケットでの出来事です。

1人の女性が、大勢の人が行き交う通りで、突然服を脱ぎ始めました。

出典 https://www.youtube.com

人々は何が起こったのだろうと、半裸の女性をいぶかしそうに見ながら通り過ぎて行きます。

その女性の足元には、黒板が置いてあり、何かが書かれています。

黒板に書かれていたのは・・・

出典 https://www.youtube.com

私がここに立っているのは、私のように自分自身を好きになることができなくて苦しんでいる人たちのためです。この世のすべての人々の体はひとつひとつ大切で尊いもの。もし、あなたがありのままの自分を受け入れることをサポートしてくださるなら、私の体にハートを描いてください。

出典 YouTube

考えさせられる動画です。自分自身を好きになることから、まずスタートしてみませんか。

出典 https://www.youtube.com

1時間後、彼女は目隠しを外し、笑顔を見せました。それは・・・・

出典 https://www.youtube.com

こんなにたくさんのハートマークとメッセージで体が覆われていたからです。人々の、心がひとつひとつのメッセージに託されています。

”Hope” ”I Love me、I Love you” ”You are very Beautiful” ”Big Love”
そして何十個ものハート。

最後に流れるテロップ

In a society that benefits from your self doubt, liking yourself is a rebellious act.

これはツイッターで、ある女性が投稿した文章。

いろいろな解釈があると思いますが、私の解釈です。

この社会は、自信喪失によって利益をもたらしている。これはすなわち、背が高く細く、スタイルが良い美しいと言われる人ばかりをメディアが取上げ、それに憧れる一般の人々は、自分の姿を否定し、自信を失っている。だから、今こそ自分を大好きになることは、世に反逆すること、世の流れに逆らうことなのです。

アイダホのマーケットに立った女性が表したかったこと。

ありのままの自分を大好きになろう!自信を持って生きようということなのですね。


この女性、キャロラインさんが作った、社会に訴えたいスローガンです。

この記事を書いたユーザー

LittleD このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。テキサス州在住。料理研究家でフリーランスのコラムニスト

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • グルメ
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス