出典 https://doctorsme-production.s3.amazonaws.com

記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
ビタミンB1はチアミン、サイアミンなどとも呼ばれますが、最近このビタミンB1が不足して起こる欠乏症が増えているといわれています。
今回は、このビタミンB1欠乏症について医師に解説していただきました!

偏食やお酒好きの人は不足しやすい?

Licensed by gettyimages ®

ビタミンB1(チアミン)は、豚肉やウナギ、ごまなどに多く含まれているビタミンの一つで、人間の身体に不可欠なものですが、ビタミンB1は水溶性ビタミンのため、尿などで体から排出されやすく、不足しやすくなるともいえます。これが身体の中から不足してしまうと、欠乏症状が出始めるのです。

【ビタミンB1不足になる原因は?】
・栄養失調
・偏食
・アルコールの多飲
・肝臓の障害
・激しい運動や労働など

もともと江戸時代には、白米がはやり、白米だけをとっていたことからこの欠乏症の脚気がはやり、たくさんの人の死因となりました
現代では、インスタント食品ばかりとっている方や、アルコールを大量にとり、食事をとらない方などに起こりやすくなっています。

≪ビタミン不足でもカロリーオーバー…そんな生活していませんか?≫
1分で簡単チェック【痩せない生活習慣】を診断してみる

健忘に意識障害!軽くみていたら怖いビタミンB1欠乏症!

Licensed by gettyimages ®

【ビタミンB1欠乏症の症状】
・疲れやすくなる
・集中力がなくなる
・中枢や末梢など身体の中の神経が障害される


このうち、体の末端の方を支配する末梢神経が障害されるものを脚気、脳から脊髄など中枢を支配する中枢神経が障害されるものを、ウェルニッケ脳症ウェルニッケ・コルサコフ症候群などといいます。

【脚気の症状は?】
・手足のむくみやしびれ
・動悸
・食欲不振

ひどくなると筋力の低下や心不全が起こります。

【ウェルニッケ・コルサコフ症候群の症状は?】
・歩行困難
・眼球運動の麻痺で目が動かせなくなる

進行して慢性化してしまうと、痴呆症のように記憶力の低下や健忘などが起こり、ひどくなると意識障害が起こります。

≪ビタミンB1の他に、鉄分も不足しやすい栄養です≫
1分で簡単チェック【貧血度】を診断してみる

【医師からのアドバイス】

これらの病態におちいってしまうと、病院で点滴などを含む治療が必要となってきますが、そこまでになるのを防ぐために、バランスのとれた食事が不可欠になってきます。
具体的には、白米だけやインスタント食品だけを摂りすぎないアルコールを控える、といったことが大切です。
ビタミンB1をしっかりとって欠乏症を防いでいきたいですね。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス