街中で空中浮遊しているこの男性

実はこの写真、合成じゃないんです

この男性の名前は Mickael Jou さん

これらの写真のモデルであり、カメラマンの男性はベルリン在住のMickael Jouさん。
自らタイワニーズ・フレンチ・アメリカンと名乗るバレエダンサーです。

上記でも述べた通り、これらの写真はすべて合成ではありません。
自らの力と三脚の付いたセルフタイマーのカメラを使って、まるで空中に浮いているかのような幻想的な写真を撮影しているんです。

なんでもパリでストリートダンスをしていた時に、観光客に写真を撮られたことがきっかけで、自分で自分の写真を撮ってみたいと思ったんだそう。


彼の目標は365枚の写真を撮ること

彼の目標は365枚の写真を撮影すること。

3年前から撮り始めて現在では200枚弱の写真を自身のホームページやフェイスブックで公開しています。

中にはスーパーやカフェでも撮影されたものもあります。いつもカメラを持ち歩き、どこでも撮影するんだとか…。

ここまで本気の自撮りって見たことありますか?

彼の超人的なセルフィーはもはやアート。

フェイスブックのコメントにも彼を称賛するコメントや、セルフタイマーで自撮りしていることに驚きを隠せないコメントなど様々です。

海外では雑誌にも取り上げられています

出典 https://www.facebook.com

彼のクオリティが高すぎるこれらのセルフィーは、海外では雑誌に掲載されるなど反響はかなりのもの。世界中の人々から注目されているようです。

現在でも定期的に更新される彼の自撮り写真。

たしかに一度見てしまうと次はどんな写真がアップされるのか気になりますね。

こちらでご紹介したのは、まだほんの一部です。
もし、興味が湧いたのであれば彼のホームページなどで確認してみてください。
きっと驚きますよ。

この記事を書いたユーザー

amaneck このユーザーの他の記事を見る

記事を読んでいただきましてありがとうございます。ネットでちょこちょこ記事を書いている神奈川県在住の副業ライターです。個人的に気になったことをお伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス