出典 https://doctorsme-production.s3.amazonaws.com

記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
女性にとって憂鬱なシミ。でも治療は費用も気になるしどんな方法で行われるのかわからないから不安…という方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は皮膚科でのシミの治療の方法について、医師に解説していただきました。

痛くない?レーザー治療ってどんなもの?

Licensed by gettyimages ®

では、このシミを除去するにはどうしたら良いのでしょうか?

まず行くべき科は皮膚科です。皮膚科に行っておうなうことは、まずはレーザーによる焼灼(しょうやく)です。レーザー光線を局所に当てることで、そこの部分の温度を急激に上昇させ、シミの色素やそれを作っている細胞もろとも蒸発させてしまうという治療です。レーザー照射の時間は秒単位ですし、少し違和感はありますが痛みはありません。局所的にやけどをつくりますので、処置後一時的に赤くなりますが、徐々に改善していきます。全身どこでもすることが出来ますが、目の周りはさけることが多いです。

≪埋没毛、ブツブツ肌、色素沈着…あなたの処理法大丈夫?≫
1分で簡単チェック【ムダ毛処理できてる度】を診断してみる

シミが大きい場合は手術が必要!

Licensed by gettyimages ®

ただ、シミの範囲が大きいと、上記のレーザー治療が出来ません。大きい場合には、局所的な手術を行う必要があり、その場合は、形成外科を紹介されることもあります。ここでは、皮膚のシミを作っている層まで皮膚を手術で切り取り、周りの皮膚を引っ張ることで修復するという手術を行います。局所麻酔で行いますので、手術の際の痛みはありませんが、レーザーに比べて、傷が綺麗になるまで少し時間が掛かります。

≪見た目年齢が10才上がる!?老け顔、疲れ顔の原因に…≫
1分で簡単チェック【顔のたるみ度】を診断してみる

【医師からのアドバイス】

手術まで行うのはなかなか勇気が必要かもしれませんが、シミが気になって憂鬱な気分のまま過ごすことを考えれば、ひとつの方法として検討してみるのもいいかもしれません。まずは皮膚科などで相談してくださいね。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス