運動会に遠足、ピクニックやハイキング。楽しい行楽シーズンの到来です!お弁当を持って外で食べる食事は、気持ちも爽やかにこの上なく美味しいですよね。


行楽のシーズンのお弁当に定番なものと言えば、子供から大人までみんなが好きで、人数が多い時にも対応できる稲荷寿司巻き寿司を持参する方も多いのではないでしょうか。

購入して持参するという方も、今年は少し頑張って手作りしてみませんか?中でも定番のかんぴょう巻きにチャレンジしてみましょう!


「市販のかんぴょう巻きは甘くて苦手…」という方は手作りをオススメします。かんぴょうってこんなに美味しかった??と思うほど味わい深くて、パクパクと手が進んでしまいますよ!

干ぴょう巻き

【材料(2人分)】
干ぴょう 20~30g
水    150ml
酒    大さじ2
みりん  大さじ2
醤油   大さじ1.5

【酢飯】
米   1合
A酢  大さじ2
A砂糖 大さじ1
A塩  小さじ1

海苔2枚

(※干ぴょうは多めに仕上がるので、そのまま常備菜として召し上がり下さい。)

【作り方】
1 米を気持ちかために炊く。

2 かんぴょうを水に漬け、5~10分戻す。

3 2の水をこぼし、再度水を少量と塩をひとつまみ入れて、よく揉み洗いする。 ※これは、保存料(二酸化硫黄)の漂白を落とす為なのでしっかり揉み洗いする。

4 3を熱湯で茹で(2~3分)、軽く揉み洗いし、水を切る。

5 4の長さを半分に切る。 水、酒、みりんを入れ煮立て干ぴょうを入れて5分ほど弱火で煮る。

6 醤油を入れ、15~20分弱火で煮て冷ます。

7 酢飯を作る。 炊き上がったご飯に合わせたAをかけて、切るように素早く混ぜる。

8 海苔に半分の量の酢飯を乗せ、干ぴょうを2~3本巻きこむ。冷ましてから切る。 (手前に少しご飯を山のようにすると巻きやすい)

恵方巻きにも手作り干ぴょうを!

干ぴょう巻きはもちろんですが、恵方巻きにもオススメです。干ぴょう煮は一度その美味しさにハマると、そのままで常備したい煮物です。

いかがでしたか?手作りでは作ったことがないという方は、ぜひこの行楽シーズンでお試しください。きっと干ぴょう巻きは手作りが定番になりますよ!

この記事を書いたユーザー

紀子 このユーザーの他の記事を見る

JSA認定ワインエキスパート
少人数制ワインサロン主宰
ワインライフを豊かにするコツをブログとサロンで発信中。
ワインタイプ別(スパークリング・白・ロゼ・赤)におつまみを創作しブログに綴っています。
ブログ:http://ameblo.jp/norikostyle2/

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス