記事提供:CuRAZY

新種の魚?火山の中で生きる魚が発見された

私たちが住む地球の70%を占める海。その中には、私たちが知らない魚などが多数存在しています。

しかし、実は魚は冷たい海だけに存在するのではないようです。最新の発表で、なんと「海底火山の中で生活する魚」が発見されたのです。

その魚がこちら。

鱗がなく、透明な牙を持つ?謎だらけの魚

この魚は、オーストラリアのニューサウスウェールズ大学の海洋生物学者Iain Suthers教授の研究チームの研究船が発見しました。

学術的な名前は決まっていないようですが、研究チームはこの魚は「Scaleless Blackfish(鱗のない黒魚)」。

今まで海底火山で見つかっていたのは、幼体のロブスターや他の生物は発見されていましたが、今回発見された生物は魚のような個体であったため「新種の生物」だと考えられています。

【海底火山内で発見された幼体のロブスター】

出典 http://csironewsblog.com

研究チームはこの生物の発見に際して、「この(成魚か幼魚か定かではない)小さな魚がなぜ鱗を持たないのか、そして牙がなぜ透明なのかを現在分析中です」とのことです。

この生物は一体何なのでしょうか。続報を待ちましょう。

出典:csironewsblog.com

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス