笠岡市(岡山県)の知られざる魅力!

広島県福山市に隣接しながら、バイパスが作られたり、高速道路で通り過ぎたりと、あまり陽の目を浴びることのない岡山県笠岡市。
瀬戸内海に位置するこの街は、実は、2億年前の太古の歴史を残している街なのです。
普段はあまり語られることのない「笠岡市」を紹介しましょう!

笠岡市(かさおかし)は、岡山県南西部に位置する市。瀬戸内海には笠岡諸島がある。

当市は人口約5万1千人、岡山県南西部の瀬戸内海沿岸の港町で、大小31の島々からなる笠岡諸島を含む井笠地方の中核都市である。笠岡湾干拓地と天然記念物カブトガニ繁殖地として有名で、生息地の保全などを通して保護に力を入れている。

出典 https://ja.wikipedia.org

何はともあれ、カブトガニ博物館

笠岡市立カブトガニ博物館(かさおかしりつかぶとがにはくぶつかん)とは、岡山県笠岡市に存在する博物館である。
世界で唯一のカブトガニをテーマとした博物館であり、建物は上空から見るとカブトガニの形に見える

出典 https://ja.wikipedia.org

笠岡と言えば、カブトガニ。地元民には当然のことなのですが、対外的なアピールが足りていません!
実は、世界で唯一のカブトガニをテーマにした博物館であり、ともに位置する「恐竜公園」は実物大の巨大スケールで、迫力満点のアミューズメントです!
また、カブトガニ型の建物には、カブトガニの生態なども模型をふんだんに使って紹介されており、小さなお子様から大人まで楽しめます。

知る人ぞ知る、カブトガニ博物館は、県外から訪れる方も多いようです。
広さも十分、駐車場も余るほどありますから是非お子様連れの方もお越しください!

道の駅 笠岡ベイファーム で気分転換!

新たなスポットとなり始めているのが、道の駅 笠岡ベイファームです。
平成23年に完成して以来、地元民はもちろんドライブ、ツーリングの休憩所としても人気を博しています。

当駅では、笠岡湾干拓地をアピールして笠岡を情報発信していくとともに、道路利用者への情報や休憩サービスを提供します。また、地域振興施設を整備して特産品等の販売・バイキングレストラン等をご提供しております。

出典 http://www.k-bay.jp

なんといっても見どころは、広大な干拓地に広がるフラワーガーデンです。
ポピー、ひまわり、コスモスが季節ごとに壮大なスケールでお目見えします。
ドライブも良いし、お花畑の中をゆっくり散策するのもおすすめですよ!

新名物に!?笠岡ラーメン

そして、新名物になったのが「笠岡ラーメン」です。
醤油味(鶏ガラ・魚介類)のスープに、かしわ(親鳥)が乗っかっています。

スープは、醤油味を基本とし、老鶏の鶏ガラのみ、あるいはそれを中心に小魚などの魚介や野菜・果物をブレンドしたものが用いられる。麺は中太でストレートが基本だが、やや縮れたものを使う店舗もある。具は、ネギとメンマのみのシンプルなものが多いが、アレンジを加えている店もある。ネギは鶏ガラのみの店は斜め切り、鶏ガラに他の物を加えている店は輪切りにしている場合が多い。

出典 https://ja.wikipedia.org

有名ドコロだと、「みやま」でしょうか。
カブトガニ博物館からも近くておすすめです。

出典 http://blogs.yahoo.co.jp

「みやま」の外観です。雰囲気出てますね~。

あの有名な建物の石もここから!?北木島

最後に少しだけ知的なネタを。
実は笠岡市は、笠岡諸島と呼ばれる31の島々が存在します。
その中でも1番有名であろう島が「北木島」です。
劇的!ビフォーアフターにも出たことあります!

ちなみに余談ですが、笠岡の小学校の先生は、たいてい1度はどこかの島に勤務した経験があります。

出典 https://8092-okayama.jp

ここは、採掘済みの石切り場ですが、迫力がありますね!
パワースポットのような雰囲気さえ醸し出しています。

出典 https://8092-okayama.jp

こ、これが島の方々の「本気!」です。

ゆるキャラの先祖!?カブニ君

おまけですが、実はずいぶんと前からゆるキャラが存在します。

出典 http://image.space.rakuten.co.jp

初代ゆるキャラと考えられています。1988年に生まれました。
また、ご当地応援ソング「がんばれ!カブトガニ」なる曲も存在し、JRの駅で聞くことができます。とあるコミュニティではかなり有名です。

大型連休は、笠岡市で決まり!

いかがでしたか。
太古の街、笠岡市の魅力を感じていただけましたでしょうか。
こればかりは、実際に行ってみて感じてみないと分かりませんよね。

笠岡市を目指して旅行される方も。
大型連休で、西へ東へ車で移動されるみなさまも。

途中でもいいので、ぜひ休憩に、気分転換に訪れてみてはいかがでしょうか??

この記事を書いたユーザー

わとすん君 このユーザーの他の記事を見る

岡山県笠岡市出身。広島市在住。
Kindleで出版したり、喫茶店で働いたり。

書評中心のブログ「20charge」http://ameblo.jp/juggernautdabi/ 執筆。
Kindle「絶対に頭を下げたくない人のための営業方法」「ざっくり理解する給与明細書の読み方」「タスク計測ツールTogglの取説」など。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス