記事提供:カラパイア

教育は社会基盤でありその国の文化を表すものでもある。よって子供に対する教育も国によってだいぶ違ってくるようだ。

アメリカ系の海外サイトにて、アメリカと日本の教育システムの違いをまとめた記事があった。日本の公立学校では普通の事でも、アメリカの学校じゃ絶対あり得ないという事実が9つほど紹介されていたので、アメリカ人目線で見ていくことにしよう。

以下はアメリカ人ビジョンで見たものである。

1. 日本は制服、アメリカは私服がほとんど(公立学校)

アメリカの公立学校で、制服着用が義務づけられているのはたったの20パーセント。それに比べ日本ではほとんどの中・高等学校に制服がある。

公立中学校の伝統的な制服は、男子の場合、立て襟に黒という軍隊のようなデザイン、女子の場合はセーラー服にプリーツスカートという、日本のアニメでおなじみの服装である。

高校になると、少し自由度が増し、タータンチェックのスカートに、西洋式のパンツとネクタイと変わってくる。

制服、靴、鞄の制限に加え、多くの中学校では、化粧、ネイル、髪染め、さらには眉毛の手入れなどは厳禁となっている。

きっと、アメリカの子供達が知ったらビックリすることだろう。そして何よりも外国人がビックリしたのは、1990年代まで続いた、体育の時間に着用するブルマの存在である。

2. 日本は掃除を学生自らがやる

出典 YouTube

日本の学校に掃除係の人なんていない。掃除は生徒と先生が毎日行うものだからである。床を掃いて、雑巾をかけ、黒板消しをきれいにし、トイレまで掃除するのだ。

自分たちで掃除するから、ガムを椅子の裏につけたり、机に落書きしたりもしない。キレイにするのは自分たちだからね!

3. 日本には自習がある、アメリカではありえない

アメリカで、先生がいない場所に、高校生を30分も放置していたら、とんでもないことになる。しかし、日本では担当が病気などで休んだ場合、代行ではなく、自習というものがある。この時間は全生徒が静かに、1人で勉強をするとされている。

4. 日本の学校には刺又(さすまた)が常備されている

いくら日本が安全な国とはいえ、学校側としては凶悪な侵入者から生徒達を守らないといけない。この防衛手段として用いられているのが、刺又である。これは、江戸時代に作られた物で、暴れる犯罪者の動きを封じ込めるために捕物用として使われた。

附属池田小事件やその他の不審者らによる学校侵入事件が相次いだ2002年以降、防犯グッズとして教育委員会や小学校、中学校、高等学校が学校施設の防衛力強化の為に導入するところが増えているという。

銃を保持している者には無意味だけど、日本は銃社会じゃないので、これでも大丈夫ということか?

5. 日本の学生は先生にカンチョウ技を使う

日本の学生は「カンチョウ」というとっておきの技を持っているという。小学生たちが大好きなこのイタズラは、手を合わせて、人差し指を立て、相手のお尻の穴を狙い撃つのだ。

海外から来る英語の先生は、このカンチョウに気をつけるようにあらかじめ警告されているらしい。(と原文には書かれているが、本当に今の小学生たちがこの技を使うのかどうかは懐疑的である)

6. 日本は教室で給食、アメリカはカフェテリア

出典 http://www.thejapanguy.com

ピーナッツバターとゼリーのサンドイッチはもはや不要。日本の小中学校では、温かい給食が提供されている。生徒や先生も、カフェテリアに行ってランチを食べるのではなく、教室の自分の机で、みんなと同じ給食を食べる。

給食を教室まで運び、生徒たちが順番で給食係となり、スープ、ご飯、おかず、などをみんなの分を取り分ける。もちろん、日本文化では食べ残しは許されないため、生徒達もすべて食べなければいけない。(と原文に書かれているが必ずしもそうではないのはご存知の通り)

7. 日本はお辞儀、アメリカは「ヘイ!」

挨拶は日本文化にとってとても重要だ。それは学校内においても同じである。各クラスの始まりと終わりに、生徒達は皆イスから立ち、先生に挨拶し、お辞儀をする。高校では、生徒の集中力を高めるため、授業の前に短い黙想をさせているところもあるという。

8. 日本では土曜日も学校がある

1992年まで、日本では土曜日も学校があった。しかし、もっとゆとりのある教育を、という国際的な流れに押され、日本政府は土曜日は休学とした。しかし、多くの学校では、このルールを無視し、土曜日に課外授業を行っている。

東京の半分以上の小中学校では、未だに最低月1回、土曜の授業があるそうだ。日本の子供達は、土曜の朝にマンガを見る代わりに算数をやらされている。また、土曜日に学校がなくても塾にいく子も多い。

9. 夏休みの落とし穴

とても厳しそうな日本の学校だけど、ちゃんと夏休みはあるらしい。(といっても、アメリカの夏休みの約半分の5週間だけだが)。しかし、アメリカと異なるのはその期間だけじゃない。

日本の夏休みは、学年度の中間にあり、生徒や先生たちは部活のため、ほぼ毎日学校に来ることとなる。しかも、小学生でさえ、膨大な量の「夏休みの宿題」というものが与えられるという...。

最後にこうまとめられていた。

日本の教育システムは彼らにとっては機能しているらしい。経済協力開発機構による世界的な数学、科学ランキングでは日本の高校は世界第4位に位置している。それに比べ、アメリカは28番目という結果だ。

アメリカの生徒に、トイレを磨けとか、ブルマを履け、とは言わないが、この結果を見たら、土曜日の学校は視野に入れてもいいかもしれないと思えるかな?

出典 http://mentalfloss.com

細かい部分でいろいろ情報が錯綜しているわけだが、アメリカ人は日本の学校教育のこんなところに違いを感じていたわけだ。

ある意味アメリカは自由な感じだが、それでも飛び級制度もありできるやつは相当できる。学校に行かなくても勉強を学べるシステムも充実してるみたいだしね。

日本は横並び意識とかが高いから平均的にはできても、アメリカほど個人差はなさそうだ。それが良いのかどうかは別の話だが。

出典:mentalfloss

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス