記事提供:CuRAZY

「今日ご飯どこ行こうか?ラーメンにしよう」「いやカレーがいい」意見が割れた時、よく「じゃんけん」で決着を付けますよね。

そんなとき、1対1の場合、勝つ確率、負ける確率、あいこの確率ともに3分の1なはず。だけど人には出す手のクセがあり、勝つ確率を限りなく上げる必勝法が存在したんです!

桜美林大学の芳沢光雄教授が、学生725人を集め、11567回じゃんけんをさせたところ、最も多いのは、グーで4054回(35.0%)、続いてパーで3849回(33.3%)、最後にチョキで3664回(31.7%)という統計が出ました。

つまり、最初はパーを出せば、勝つ確率が上がるのです。

また、芳沢教授によると2回連続でじゃんけんをした10833回のうち、同じ手を出す確率は、3分の1を下回る22.8%に留まりました。つまり、続けて同じ手は出しづらいのです。

【じゃんけん必勝法】

まずは、最も出す確率の高い「グー」に勝つため「パー」を出します。

これであいこになった場合、次に相手が出す手は「グー」か「チョキ」の可能性が高いです。相手がどちらを出しても負けない「グー」を出します。

これであいこになった場合、次に相手が出す手は「チョキ」か「パー」の可能性が高いです。相手がどちらを出しても負けない「チョキ」を出します。

つまり、「パー」→「グー」→「チョキ」→「パー」→「グー」→「チョキ」→…、これを繰り返し出すと、最もじゃんけんを勝つ確率が高くなります。

じゃんけんをする機会があったら、試してみてくださいね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス